ローディング中

Loading...

あなたは「食欲の秋」の由来、知っていますか?多くの食材が豊富に揃う秋に、採れたてをその時期にいただこうという昔の人びとの考えが広まり、いつしか「食欲の秋」と呼ばれるようになったんだそう。秋に食欲が増す理由やそれをセーブする方法に迫ります。

秋といえば食欲の秋

夏場は夜19時を過ぎても昼間並に明るかったと言うのに、秋が近付くにつれて夕方18時を過ぎる頃には、すっかり日が暮れています。陽が短くなると、いよいよ本格的な秋の到来を感じますね。

海の幸、山の幸、どれを食べてもどう調理してもおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまう。これこそが恐るべし「食欲の秋」の仕業……。いつも通りご飯を食べているだけなのに、秋と言うだけでどうしてこんなにも幸福感に満たされるでしょうか。

思い返してみると、秋になると栗や柿、さつまいもなどたくさんの食材たちが実りをむかえます。でも、秋と言う季節が食欲とどう関係しているのか、まだ謎は解明されていません。というわけで今回は「食欲の秋」の由来について調べてみることにしました。

食欲の秋の由来

スポーツの秋、芸術の秋、睡眠の秋など、春夏秋冬四季の中で”◯◯の◯◯”というフレーズが付くのは秋だけです。では早速、「食欲の秋」の由来について紐解いていきましょう。

食欲の秋の由来については、諸説あります。栗やさつまいも、梨、ぶどう、それから私たちの主食となる米など、多くの食材が旬を迎える秋はいつもより食欲が増す、という考えから「食欲の秋」と呼ばれるようになったんだそう。やがて、それが世の中に広まり人びとの間に浸透しこんにちに至ります。

今でこそビニールハウス(温室)での栽培は、当たり前ですが、昔は雨の日も夏の暑い日も、耕された畑で農作物を栽培していました。そして、そのときに採れた食材はその時期のうちにおいしく食べるという習慣が根底にあったのだと思います。季節の野菜を採れたてのうちに味わうという、昔の人たちの考えが由来として定着したのかもしれませんね。

なぜ秋になると食欲が増すの?

「食欲の秋」の由来について説明しましたが、次なる疑問はなぜ秋になると食欲が増すのか、ということ。そこには精神状態を安定にするための、ある神経伝達物質が大きく関係していたんです。

セロトニンが関係している

セロトニンは”幸せホルモン”とも呼ばれていて、食欲を抑える働きがあります。この成分は、日光に当たる時間と比例していて、陽の光を浴びる時間が短いと減り、長ければ増えるんだそうです。つまり秋は日照時間が短いので、夏に比べて太陽の光を浴びる時間が短く、かつセロトニンの分泌量も減るので、食欲が増えると言われているんです。

気温の低下も関係している?

寒い環境に身を置くと、脂肪を燃焼して体温を保持しようとします。代謝が上がればその分多くのエネルギーを消費してしまうので、失った分を補おうとして食欲が増すんです。空腹は、エネルギー補給を訴える体のシグナルでもあるということなんです。ダイエットをするなら冬場が最適、と言われるのもうなずけますね。

涼しくなり夏バテが解消される

暑さによる夏バテで、食欲が減ってしまった方も多いのではないでしょうか。秋に入ると、うだるような暑さから一変、過ごしやすい気温に落ち着くので、本来の食欲に回復します。夏バテが解消されて、食欲が増したように感じるのだと考えられます。

新米がおいしく感じる

秋になると、各地で新米の収穫がスタートし販売されます。ふっくらやわらかくて粘りがあり、格別のおいしさ。それに加えて、戻りかつおや鮭、きのこ類などの旨みがさらに増すので、イケないとは頭では分かっていても、ついついご飯が進んでしまいます。ゆえに、食欲の増進とも関係しているのかもしれないですね。

夜の空腹問題

夜に食べ過ぎると太るとか、夜は食べない方がいい、なんてよく言われていますよね。昔の人の言葉を借りれば、旬の素材はそのときおいしく食べるもの!と考えるのが妥当でしょう。

でも、食欲全開の秋に欲望の赴くままにご飯を食べ続けていては、当然ながら肥満という言葉から目をそらさずにはいられなくなります。夏に履けていたデニムやワンピース、Tシャツがパツパツ、なんていう自体にもなりかねません……。夜の空腹問題と向き合うためには、そのメカニズムを知っておくことが大切です。

でもなんで夜は太りやすいの?

夜に食べると太る、と言われている理由に自律神経の働きが影響しています。

自律神経とは、私たち体の消火器や循環器の働きを24時間絶えずサポートしている神経で、交感神経と副交感神経のふたつが存在します。日中は交感神経が優位になって、体が動きやすいように働きかけて代謝を促進。

一方、夜は副交感神経が優位になり、リラックスさせて体を休めようとします。このとき、体の代謝を抑えようとするため、夜遅い時間に食事を摂るとエネルギーとして消費されにくく、脂肪として蓄積されてしまうんです。

つまり、副交感神経が優位になっている夜に通常通りのご飯を食べてしまうと、代謝アップの機能がセーブされているので、食べると太りやすくなるというわけ。

どうしても食欲を我慢できないときは

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

博多名物「おきゅうと」とは?おすすめの食べ方やレシピも!

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

イチボ…どこの部位?ランプ肉との違い&名前の由来も気になる

柔らかく人気のお肉「イチボ」。イチボが何のお肉のどの部位か、ご存じでしょうか。イチボというちょっと変わった名前、なぜこんな名前がついたのか、どんな味?おいしい食べ方はどうしたら?今回はイチボについてご紹介!

ホームパーティーに欠かせない「キッシュ」とは?基本のレシピもおさえよう!

キッシュ タルト パイ

卵、野菜、チーズもたっぷりのキッシュですが、具体的にキッシュとはどういった料理を指すかご存じですか?タルトのようでもありますが、タルトとの違いや、パイとの違いは何なんでしょう?今回は、キッシュについての説明と…

お銚子と同じだっけ…徳利(とっくり)とは?正しい使い方と漢字も解説

日本酒を入れる徳利(とっくり)ですが、徳利とはお銚子とは違いのでしょうか?漢字もちょっと変わっていますよね?今回は徳利とお銚子の違い、漢字の由来をご説明します。独特の形の徳利、実は使い方にマナーがあるんです。…

海外にはなかった!?「ご馳走様」の意味にハッとさせられる

食事を終えた際に言う「ご馳走様(ごちそうさま)」という言葉。あなたは、きちんと説明できますか?今回は、ご馳走様の意味や使い方、世界ではどのように表すのかなどをまとめてみました。「いただきます」の意味も、併せて…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

自分や家族の健康を守ろう!安全な着色料まとめ

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

日本酒あるある、外国人観光客が酒蔵に来て驚くポイント3選

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

布巾だけじゃない!キッチンタオルの上手な使い方7選

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

究極の独り遊び!一人バーベキューにハマる人が急増している理由とは?

焼肉

一人焼肉がアリなら一人バーベキューだってアリでしょう!最近、一人でバーベキューをする様子をSNSに投稿する人が増え続けているんです。さみしい一人遊びのようで、やってみるとかなり楽しい「一人バーベキュー」。その…

ころころかわいいミニサイズ!「こにぎり」でいつものお弁当をちょっとキュートに

お弁当 おにぎり まとめ おしゃれ

いまInstagramで話題の「こにぎり」を知っていますか?ひと口サイズのおにぎりなのですが、これを入れるだけで、お弁当がグンとかわいく魅力的になっちゃうんです。その作り方やみんなのアイデアあふれるこにぎりの…

家系ラーメンは「究極の風邪薬」ってホント!? 医者も断言した注目の効果とは?

ラーメン

見るからに濃厚な、横浜生まれの豚骨醤油ラーメン「家系ラーメン」。単純においしいだけではなく、「究極の風邪薬」とウワサされています。ラーメンがなぜ風邪薬なんでしょうか?それも、なぜ「家系ラーメン」なのでしょう?…

ページTOPに戻る