新米がおいしく感じる

秋になると、各地で新米の収穫がスタートし販売されます。ふっくらやわらかくて粘りがあり、格別のおいしさ。それに加えて、戻りかつおや鮭、きのこ類など旬のおいしい食材がスーパーで並び、食卓にも上がるとなれば、ついついご飯が進んでしまいます。ゆえに、食欲の増進とも関係しているのかもしれないですね。

夜の空腹問題

夜に食べ過ぎると太るとか、夜は食べない方がいい、なんてよく言われます。昔の人の言葉を借りれば、旬の素材はそのときおいしく食べるもの!と考えるのが妥当でしょう。 でも、食欲全開の秋に欲望の赴くままにご飯を食べ続けていては、当然ながら肥満という言葉から目をそらさずにはいられなくなります。夜の空腹問題と向き合うためには、そのメカニズムを知っておくことが大切です。

なんで夜は太りやすいの?

夜に食べると太る、と言われている理由に、自律神経の働きが影響しています。自律神経とは、わたしたち体の消化器や循環器の働きを24時間絶えずサポートしている神経で、交感神経と副交感神経のふたつが存在します。 日中は交感神経が優位になって、体が動きやすいように働きかけて代謝を促進。一方、夜は副交感神経が優位になり、リラックスさせて体を休めようとします。このとき、体の活動量が低くなっているため、夜遅い時間に食事を摂るとエネルギーとして消費されにくく、脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。(※3) つまり、副交感神経が優位になっている夜に通常通りのご飯を食べてしまうと、代謝アップの機能がセーブされているので、食べると太りやすくなるというわけなんですね。

どうしても食欲を我慢できないときは

頭では分かっていても、時間が経つと空腹は訪れます。ちょっとくらいならいいよね……いやいや、ここで食べたら負け!と、悪魔の甘い誘惑と天使の真っ直ぐな意見が対立。どうしても我慢できないときは、以下をおこなってみてください。

噛む回数を多くする

食べ過ぎを抑えるうえで大切なのが、早食いを防ぐことです。時間をかけてゆっくり食事をすることで、正常に満腹感を覚えて過度な食欲を抑えられます。 早食いを防ぐために効果的なのが、ひと口で30回噛むという咀嚼(そしゃく)法。よく噛んで食べると食欲を抑える「ヒスタミン」という成分が活性化し、食べ過ぎを抑制できるとされているんですよ。

白湯を飲む

沸騰したお湯を50度前後まで冷ました、白湯を飲んでみてください。水分でお腹が膨らむのはもちろんですが、体を温めて血のめぐりがよくなるので、日常的に飲んでいれば代謝アップの効果も見込めるんです。ぜひ積極的に飲みましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ