子宮をいたわる食べ物まとめ!体を内から温めて美と健康を手に入れよう♪

女性の要は子宮!と言っても過言ではないほど、子宮の健康は女性の美と健康に影響を与えます。今回は食べ物、さらには食べ方の工夫から日頃のストレスや生活習慣で疲れてしまった子宮に元気を与えて、健康な体を目指すおすすめの食材を探してみました。

今、“子宮力”が見直されています

女性の皆さんは、自分の子宮についてどれくらい知っていますか?普段は生理や妊娠を意識した時や異常を感じた時に初めて考えることが多い子宮ですが、実は女性にとって大切な機能を持っています。

女性らしい肌の美しさを保ったり、素敵な恋を惹きつけるフェロモンを出すのも子宮力のなせる技。子宮をいたわり元気に保つにはどうしたらいいのでしょう?

こんなことがあったらSOSかも?

子宮は、卵巣とともに女性ホルモンの分泌に関係する大切な臓器。ホルモンバランスや自律神経に影響を及ぼし、心身の健康にも大きく関わってきます。

・なんとなく調子が悪い
・身体が重い
・肌が荒れやすい
・髪や爪が傷みやすい
・心が安定しない、イライラする…など

毎日何となくこんな症状が出ている時、もしかしたら子宮からのサインかもしれません。

子宮の元気を保つ食べ物って?

子宮にとって最も気をつけたいのは身体の冷え。血流が滞り血のめぐりが悪くなると、子宮はどんどん冷えてしまいます。子宮が冷えるとホルモンバランスが乱れ、美容や自律神経にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

女性は、ダイエットなどで栄養が偏りがちですが、いろんな食材でまんべんなく補うことが大切です。その中でも、子宮のためにもっと積極的に摂りたい食品とはどのようなものがあるのでしょうか?

タンパク質

タンパク質は身体の基本です。血管や皮膚はもちろん、子宮内膜やホルモンを作る大事な栄養素です。大豆などの植物性タンパク質、魚や肉からの動物性タンパク質、どちらもバランスよく摂取しましょう。

卵、チーズなどの乳製品もバランスを考えて取り入れましょう。肉は脂肪分の少ない部位を摂取することでカロリーを抑える事が出来ます。青魚の脂は血液をサラサラにする効果があるので、積極的に摂取しましょう。

ミネラル類

特に亜鉛と鉄分は必須ミネラルといってもいいかもしれません。亜鉛はホルモンの生成を助け、体内の酵素を活性化させるミネラルです。タンパク質を合成したり赤血球を作ったり、細胞組織の修復や髪・骨などの組成にも欠かせません。

亜鉛を含む食材は、牡蠣や帆立、レバー、ウナギ、カシューナッツ、たらこ、大豆食品などが挙げられます。

また、鉄分は言わずと知れた血液の材料です。血液の流れが悪くなると身体が冷え、子宮も当然冷えてしまいます。冷えは子宮にとって大敵ですから、鉄分不足は子宮への悪影響に直結します。

また、毎月の生理で大量に失われますから、積極的に摂取していきましょう。鉄分を多く含む食材は、赤身の肉類、レバー、アサリ、海藻類、ごま、大豆食品、煮干などがあります。

どちらも吸収率が低いので、ビタミンCを含む食材と一緒に摂取すると吸収率がアップします。覚えておきましょう。

葉酸

ビタミンB群のひとつであり、赤血球を作るのに使われる他、胎児の成長にも欠かせないと言われる葉酸。精神面の安定にも役立っていると言われ、女性には欠かせないビタミンです。

普段の食生活で足りなくなることはないそうですが、女性は積極的に摂りたいですね。葉酸は水溶性で熱に弱い性質があるため、生食出来るものが良いと言われています。

ライチ、イチゴ、アボカド、レバー類、魚介類、緑黄色野菜に多く含まれます。意外なところでは抹茶にも多く含まれていますので、粉末にした緑茶をそのまま飲むのも良さそうです。

根菜類

子宮にとって絶対に避けたいのは「冷え」です。根菜類は身体を温める作用があるため、特に積極的に摂るのがおすすめです。

特に、ごぼう、蓮根、大根、人参、温める作用の強いものとしては生姜やにんにくなど。芋類以外の根菜は基本的に体を温める作用を持っています。

葉物野菜など地上に生える野菜やトマト、ナス、ウリ類など夏が旬の果実野菜は身体を冷やす作用が強いので、生野菜のサラダを食べるよりも火を通した温野菜か、根菜の煮物などの方が身体を温めやすいと言えます。

ヨモギ、ドクダミ

特集一覧

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuyuknight

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう