食べ過ぎたあとの48時間が勝負!翌日にできるリセット術まとめ

食べ過ぎてしまったときに落ち込む女子も多いのではないでしょうか?しかし、落ち込むのはまだ早いです!食べたものが体の脂肪に変わるのは、食べてから約48時間と言われているので、食べ過ぎても翌日で十分リセットが可能だとか!

つい食べ過ぎる…

飲み会が続いたり、ストレスがたまったり、生理前だったり…。食欲をコントロールするのはなかなか難しいものです。つい食べ過ぎてしまったときに、ダイエットしていたのに…と、落ち込む女子も多いのではないでしょうか? 
しかし、それで落ち込むのはまだ早いです!「あなたは半年前に食べたものでできている」の著書村山彩さんによると、食べたものが体の脂肪に変わるのは、食べてから約48時間と言われており、食べ過ぎても翌日で十分リセットが可能だとか!さっそくその方法を紹介します。

食物繊維をとる

飲み過ぎのリセットで重要になってくるのが野菜などに多く含まれる食物繊維です。肉などのタンパク質や炭水化物を食べ過ぎた場合は、翌日にごぼうやブロッコリーなど、食物繊維が豊富に含まれていて栄養価の高い野菜を意識して食べるようにするといいそうです。

ビタミンB群をとる

ビタミンB群は脂肪の代謝を助けるビタミンだそうなので、それが豊富に含まれている納豆や卵、きのこを食べれば太りにくくなるそうです。玄米、納豆、まぐろ、バナナなどもおすすめだとか。

スムージーでリフレッシュ!

飲みすぎ食べ過ぎでいまいち食欲がない場合は、グリーンスムージーで身体に優しく野菜を摂取しましょう。疲れきった内臓を癒やして早期回復を心掛けてください。アルコールの分解を促進できるとも言われています。

カリウムを摂る

食べ過ぎると身体の中に水分が蓄えられ、全体的にむくんでしまいます。体がむくむと老廃物が溜まりやすくなってしまうので、セルライトの原因にもなるとか。カリウムはアボカドやキウイ、バナナなどのフルーツやほうれん草などに含まれるので、積極的に摂取しましょう。

お酢を活用!

とり過ぎた糖のエネルギーは脂肪として蓄積されてしまいます。お酢には余分な糖の吸収を抑制する働きがあるそうです。食べたり、飲んだりしているときに摂取できるのが良いですが、リセット日に炭水化物を摂るときには、必ずお酢を使った料理を加えてみましょう。
諦める前にこれらの方法でうまくリセット♪コツをおさえてダイエットに役立てていきましょう!
参考:

特集

SPECIAL CONTENTS