ライター : 植松富志男

記者/編集/カメラマン

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真男子です。

監修者 : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

あなたも早食いしているかも

友達や同僚とランチに行くと、いつも自分ばかり先に食べ終わってしまう……そんな自覚がある場合、「早食い」のくせがついているかもしれません。

早食いには、さまざまなデメリットや身体への悪影響があるため、注意が必要です。この記事では、具体的な早食いのリスクについて説明します。

早食いはダイエットの大敵!

胃に食べ物が入って血糖値が上昇し、脳の満腹中枢が刺激されると、満腹感をおぼえます。そのため、満腹感が出るまでには、食事をはじめてから約15〜20分必要です。

食事をはじめてすぐに大量の食事をお腹におさめる……といったように早食いすると、満腹感が得られにくく、食べ過ぎにつながってしまいます。

早食いによる過食が習慣になると、肥満の原因になるおそれが。実際に、早食いする人は肥満度を示す体格指数である「BMI」が高い傾向にあることが明らかになっています。(※1,2)

早食いが原因で高まる健康リスク

早食いによる悪影響は肥満ばかりではありません。あなたが今感じている不調も、もしかしたら早食いのせいかも。

腹痛や病気、体調不良

早食いをすると、食べ物をあまり噛まずに飲み込んでしまいますよね。すると、唾液による食べ物の消化がおこなわれず、消化の負担が増えてしまいます。また、胃液をはじめとする消化液の分泌が間に合わないため、胃痛や胃もたれにつながる場合も。

早食いが習慣となって胃に負担をかけ続けると、胃の粘膜が傷つくおそれがあるため、注意が必要です。(※3,4)

口臭

唾液には細菌の繁殖を抑制する、食べかすを洗い流すといった作用があり、口臭対策に役立ちます。しかし唾液の分泌量は、噛む回数が少ないと減ってしまいます。早食いをする人は口の中が乾きがちになり、口臭が強まるおそれがあります。(※5,6)

虫歯や歯周病

唾液には、口内を浄化する作用があります。そのため、早食いによって唾液の分泌量が少なくなると、虫歯や歯周病のリスクが増加してしまいます。歯の健康のために、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS