6. ひと口ごとに噛む回数を決める

ひと口ごとに何回噛むか、回数の目標決めておくのもおすすめです。たとえば、厚生労働省ではひと口に30回噛むことを推奨しています。また、いつもより5回多く咀嚼するというのもおすすめです。しっかり噛むことで、食事にかかる時間が長くなりますよ。(※1,2)

早食いは避けてゆっくり食事をしよう!

早食いすると、食べ過ぎや唾液の分泌量の低下につながります。肥満や虫歯のリスクが高まるため、おすすめできません。早食いをやめるには、しっかり咀嚼する、食事中の会話を楽しむなどさまざまな方法があります。できそうなことから、食事中にチャレンジしてみてくださいね。

また、日々の食事に感謝し、しっかりと味わって食べることも大切です。食事の時間をゆっくり過ごすようにしましょう。
【参考文献】
(2020/06/16参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS