ライター : ichika

宮古島在住ライター

沖縄県宮古島在住、男の子のママライターです!また読みたくなるような情報をお届けできればと思います♪

監修者 : 小川 博康

医療法人 小川クリニック院長

1955年生まれ。日本医科大学室卒。同大学産婦人科学教室、私学共済下谷病院、恩賜財団母子愛育会愛育病院、横浜赤十字病院副部長などを経て、現在、小川クリニック院長。子宮内胎児交換…もっとみる

どれが良いの? 育児用粉ミルクの種類

まずは、粉ミルクにどのような種類があるのかを見てみましょう。

育児用ミルク

育児用ミルクとは、「乳児用調整粉乳」といい粉ミルクの原料となっている牛乳を、母乳に近い成分に近づけるために、栄養成分を置換え・強化・除去の改良をしたもの。赤ちゃんの安全性を考え、厳しい審査を通過したもののみ「乳児用調整粉乳」と表示されています。

ペプチドミルク

たんぱく質をより分解した成分を「ペプチド」といい、細かくすることでたんぱく質が吸収しやすくなります。赤ちゃんの胃にやさしい粉ミルクが、ペプチドミルクです。

フォローアップミルク

フォローアップミルクとは、離乳食では摂りきれない栄養を補うために飲ませる育児用ミルクのことを言います。離乳食が3回に切り替わったときや、母乳が減ってちょっと栄養不足かも、と思ったときに使用されています。

アレルギー疾患用ミルク

アレルギー疾患用ミルクは、ミルクアレルギーなど一般の育児用ミルクでは受け付けないときに飲用する育児用粉ミルクです。使用する際は、赤ちゃんのアレルギーにあったミルクを選ばなければいけないので、必ず小児科のご相談のもとお使いください。

粉ミルクを選ぶときのポイント3つ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS