選び方で迷わない!「育児用粉ミルク」の種類とおすすめ商品7選

育児用粉ミルク、いろんな種類があってどれがいいのか正直悩みますよね。最近、飲みっぷりがよくないなーというときや、初めての粉ミルク選びで迷ったときのために、粉ミルクを選ぶときのポイントと先輩ママさんたちが選ぶおすすめの粉ミルクをご紹介します!

2019年3月19日 更新

どれが良いの? 育児用粉ミルクの種類

まずは、粉ミルクにどのような種類があるのかを見てみましょう。

育児用ミルク

育児用ミルクとは、「乳児用調整粉乳」といい粉ミルクの原料となっている牛乳を、母乳に近い成分に近づけるために、栄養成分を置換え・強化・除去の改良をしたもの。赤ちゃんの安全性を考え、厳しい審査を通過したもののみ「乳児用調整粉乳」と表示されています。

ペプチドミルク

たんぱく質をより分解した成分を「ペプチド」といい、細かくすることでたんぱく質が吸収しやすくなります。赤ちゃんの胃にやさしい粉ミルクが、ペプチドミルクです。

フォローアップミルク

フォローアップミルクとは、離乳食では摂りきれない栄養を補うために飲ませる育児用ミルクのことを言います。離乳食が3回に切り替わったときや、母乳が減ってちょっと栄養不足かも、と思ったときに使用されています。

アレルギー疾患用ミルク

アレルギー疾患用ミルクは、ミルクアレルギーなど一般の育児用ミルクでは受け付けないときに飲用する育児用粉ミルクです。使用する際は、赤ちゃんのアレルギーにあったミルクを選ばなければいけないので、必ず小児科のご相談のもとお使いください。

粉ミルクを選ぶときのポイント3つ

1. 対象年齢

育児用粉ミルクは、新生児から9ヶ月以降からと幅広く年齢表示がありますが、対象年齢にあったミルクを選ぶのがポイントです。

月齢によって摂らなければいけない栄養量も違ってきますし、その月齢にあった栄養分も配合されているので、粉ミルクを選ぶときは赤ちゃんの年齢に合わせて選びましょう。

2. 赤ちゃんの好みもある

粉ミルクは味も商品によってさまざまです。甘さ控えめもあれば、甘さもありコクもある、といった感じで風味に違いがあります。どの味が好きかは、赤ちゃんの好みによって変わるので、ミルクの飲みが悪いな~と感じたら、思い切って変えてみるのもおすすめです。

3. 母乳に近い物を選ぶ

出産後の初授乳は、とても栄養価が高く赤ちゃんの免疫力をあげます。また産院で使われる母乳に近い種類の粉ミルクは、母乳を飲みなれた赤ちゃんにとってはとても安心する味で、産院でもなるべく母乳に近い味と香りの粉ミルクを選ぶそうです。

種類によって栄養バランスが変わるので、それぞれ比較して選んでみるのもいいですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ichika

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう