鶏むね肉でもしっとりできる!「ゆで鶏」の基本レシピ&ソースアイデア

鶏肉をゆでて作る「ゆで鶏」は、そのままおかずとして食べるもよし、ほかの食材と合わせて調理するもよしのお助け常備菜です。今回は鶏むね肉を使ったゆで鶏の基本レシピと、ソース、活用アレンジをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年5月8日 更新

ゆで鶏の基本レシピ

ゆで鶏の完成図

Photo by migicco

鶏むね肉を使った、基本のゆで鶏レシピをご紹介します。薄く切ってそのまま食べたり、細くさいてサラダにしたりと活躍してくれる頼もしい常備菜です。火をつけて調理する時間は短く、余熱で火を通すので、鍋につきっきりにならずに作れるのも嬉しいですね。

材料(鶏むね肉1枚分)

ゆで鶏の材料

Photo by migicco

・鶏むね肉……1枚
・塩麹……大さじ1杯
・酒……50cc
・ねぎの青い部分……1本分
・しょうが……1かけ

今回はお肉をやわらかくする効果のある塩麹を使いましたが、普通の塩(小さじ1/2杯程度)でもOKです。

作り方

1. 鶏肉の準備

鶏肉の下ごしらえをする写真

Photo by migicco

鶏肉は余分な脂肪を包丁で取り除いておきます。皮なしで作りたい場合は、ここで皮もとっておきましょう。
鶏肉にフォークで穴を開ける写真

Photo by migicco

火が通りやすくなるよう、フォークで刺して穴をあけます。
鶏肉を漬け込む写真

Photo by migicco

密閉できる袋に塩麹と鶏肉を入れてなじませ、冷蔵庫で1時間以上休ませましょう。

2. しょうがの準備

スライスした生姜

Photo by migicco

しょうがは皮付きのまま、2〜3mm程度にスライスします。

3. 鶏肉をゆでる

鶏肉をゆでる様子

Photo by migicco

鍋に鶏肉、しょうが、ねぎを入れ、ひたひたになる量の水を注いだら、蓋を少しずらしてのせ、中火にかけます。沸騰したら弱火にして4分ゆで、ひっくり返してさらに4分ゆでます。
鍋でゆでた鶏肉

Photo by migicco

火を止めてねぎとしょうがを取り出し、蓋をして冷めるまで置いておきます。中まで火が通っていればできあがりです。

しっとり作るコツ

強火でぐらぐら煮立てたり、長時間加熱するとパサついてしまいます。沸騰後は必ず弱火に変え、余熱を使ってなかまで火を通しましょう。また、鶏肉は冷めるまでゆで汁のなかに入れておくと、パサつかずしっとりと仕上がります。

余ったゆで汁はスープとして活用できる

余ったゆで汁は、鶏肉のうまみがたっぷり詰まっているので、捨てずにスープに活用しましょう。ゆで汁を一度ザルで濾し、濾したゆで汁にお好みの野菜を入れ煮立たせます。塩や醤油、味覇(ウェイパー)などで味を調えたら完成♪水分が少ないときはお水を足してくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう