ライター : migicco

神奈川在住。2歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好きなアイスは雪見だいふくです。

下ごしらえから丁寧に。ささみの筋の取り方

Photo by migicco

ささみをゆでる前に、まずは下ごしらえをしましょう。ささみにある太くて白い筋はお肉が縮む原因になり、また固い口当たりなので、ゆでる前に取り除きます。今回は包丁を使って筋をとる方法をご紹介します。落ち着いてやれば簡単ですよ。

用意するもの

・鶏ささみ ・包丁 ささみの量はお好みで増減してください。弾力があり、きれいなピンク色をしているものは新鮮な証拠。またドリップが少ないものがよいでしょう。売り場でよく観察してみてくださいね。

手順

Photo by migicco

1. ささみの太くなっている部分に白い筋があります。お肉にはりついている部分を包丁で3〜4cmこそいで取り出し、指でつまみやすくします。

Photo by migicco

2. 筋にそってささみに切れ目を入れます。包丁の先を使うとやりやすいですよ。

Photo by migicco

3. ささみを裏返し、1でお肉から切り離しておいた筋の端を指でつまみます。包丁の背を筋にあててお肉を固定し、指で筋をひっぱりましょう。最後まで筋がするっと抜ければ、筋取りは完了です。 手がすべってしまう場合は筋にキッチンペーパーをあて、ペーパーごしにつまむと引きやすくなりますよ。

しっとりやわらか♪ ささみのゆで方

Photo by migicco

ささみの筋取りが終わったら、次はいよいよゆでる工程です。薄く塩味をつけておくと、のちのち料理に使う際に味がぼやけません。ポイントはお肉とお湯の温度。ささみが重ならず並べられる大きさの、ふたつきの鍋を準備してくださいね。

用意するもの

・鶏ささみ……3本 ・酒……大さじ2杯 ・塩……小さじ1杯 ・ふた付きの鍋または深底のフライパン(ささみが重ならずに並べられるサイズ)

ゆで方

Photo by migicco

1. 筋取りが完了したささみの両面に、小さじ1杯の塩からひとつまみずつふって5分ほど冷蔵庫に入れます。

Photo by migicco

2. 鍋にささみがかぶるくらいのお湯を沸かし、沸騰したら残りの塩と酒を入れます。

Photo by migicco

3. 水気を拭いたささみをお湯に入れ、白っぽくなったら一度ひっくり返して火を止めます。

Photo by migicco

4. 鍋にふたをして、冷めるまでおいて余熱で火を通します。冷めたらできあがりです。

特集

FEATURE CONTENTS