ゆで時間は一瞬!? しっとり「ささみ」のゆで方&筋の取り方

ささみは低脂肪&高タンパクで安価な部位ですが、ゆでるとパサパサしてしまいますよね。そこでささみのゆで方と、固い筋をきれいに取る方法をご紹介します。しっとり仕上げるためには、ゆで時間は驚くほど短くてOK!レンジでの加熱方法もまとめていますよ。

2019年5月13日 更新

下ごしらえから丁寧に。ささみの筋の取り方

並べられたささみと筋

Photo by migicco

ささみをゆでる前に、まずは下ごしらえをしましょう。ささみにある太くて白い筋はお肉が縮む原因になり、また固い口当たりなので、ゆでる前に取り除きます。今回は包丁を使って筋をとる方法をご紹介します。落ち着いてやれば簡単ですよ。

用意するもの

・鶏ささみ
・包丁

ささみの量はお好みで増減してください。弾力があり、きれいなピンク色をしているものは新鮮な証拠。またドリップが少ないものがよいでしょう。売り場でよく観察してみてくださいね。

手順

ささみの筋を包丁に引っかけている

Photo by migicco

1. ささみの太くなっている部分に白い筋があります。お肉にはりついている部分を包丁で3〜4cmこそいで取り出し、指でつまみやすくします。
ささみに包丁で切り込みを入れている様子

Photo by migicco

2. 筋にそってささみに切れ目を入れます。包丁の先を使うとやりやすいですよ。
ささみの筋を包丁で取っている

Photo by migicco

3. ささみを裏返し、1でお肉から切り離しておいた筋の端を指でつまみます。包丁の背を筋にあててお肉を固定し、指で筋をひっぱりましょう。最後まで筋がするっと抜ければ、筋取りは完了です。

手がすべってしまう場合は筋にキッチンペーパーをあて、ペーパーごしにつまむと引きやすくなりますよ。

しっとりやわらか♪ ささみのゆで方

保存容器に入った2本のゆでささみ

Photo by migicco

ささみの筋取りが終わったら、次はいよいよゆでる工程です。薄く塩味をつけておくと、のちのち料理に使う際に味がぼやけません。ポイントはお肉とお湯の温度。ささみが重ならず並べられる大きさの、ふたつきの鍋を準備してくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう