さよならパサつき!「ささみ」をレンジで蒸す方法、教えます。

しっとりおいしいレンジを使った「ささみ」の蒸し方と、蒸すときのポイントをご紹介します。あわせて、レンジで作る絶品ささみレシピもまとめているので、今日の献立の参考にしてみてください。これを読めば、もうささみをパサつかせません!

2019年12月26日 更新

ライター : anuenue

食とHulaとHawaiiをこよなく愛する2児の母。日々おいしいもの探しとフラの練習に励んでいます♪料理教室natural food cookingで料理の基本も勉強中!

レンジを使う「ささみ」の蒸し方

材料(作りやすい分量)

・ささみ……2本 ・酒……大さじ1杯 ・塩……少々 ・こしょう……少々

手順

Photo by macaroni

1. 耐熱容器にささみを入れ、酒、塩、こしょうをまぶします。

Photo by macaroni

2. ささみ全体に調味料をなじませます。

Photo by macaroni

3. ラップをかけて、600Wの電子レンジで2分加熱します。

Photo by macaroni

4. 余熱で火を通しながら粗熱をとったら完了です。

ささみをレンジで蒸すときのポイント

しっとりさせる鍵は加熱時間

ささみがパサついてしまう原因は、熱の加えすぎであることが多いです。しっとりやわらかく仕上げるためには、低めの温度でじっくりと、肉の水分を必要以上に飛ばさないことが大切。 中に火が通るまで加熱するのではなく、ある程度加熱したらあとは余熱で火を通すようにしましょう。切ったり裂いたりした際に火が通ってなかったら、追加で加熱すればOK!

酒を振るとよりふっくら仕上がる

料理酒には保水力を高める力があるので、振ると食材をやわらかくしっとりと仕上げられます。お肉の臭みも消してくれるので、一石二鳥の効果が得られますね。洋風に仕上げたいときには、白ワインを使ってみるのもおすすめです。

ささみの爆発に注意

レンジでささみを調理したことがある人は、加熱中にささみが爆発してしまった!という経験をした方もいるかもしれませんね。これは、卵やウインナーなどと同様、ささみに薄い膜があるためです。 穴をあけないでレンジで加熱すると、ささみに含まれた水分の逃げ場がなくなり、爆発してしまう原因になります。不安な場合は、フォークなどで数ヶ所穴をあけておくようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS