簡単やわらかジューシーに!「ささみ」のお手軽人気レシピ27選

ヘルシーで栄養価が高いことから、ダイエット中の方にも人気な食材「鶏ささみ」を使ったレシピをご紹介します。人気のサラダから、お弁当のおかずにもぴったりなものまでご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

鶏ささみの人気ヘルシーレシピをご紹介

みなさん、鶏ささみを使った料理をいくつ知っているでしょうか?鶏ささみは、サラダや揚げ物、スープの具材など、幅広く活躍してくれる食材。鶏の胸肉の付近にあり、豚肉や牛肉でいう「ヒレ」に近い部位を指します。脂肪がほとんどなく、淡泊な味が特徴です。

100gあたりのカロリーは114kcal。鶏もも肉は100gあたり253kcal、胸肉は100gあたり145kcalなので、これらと比較しても低カロリーだということが分かります。

今回は、そんな鶏ささみを使った簡単でおいしいレシピをたっぷりとご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

失敗知らず!ささみの筋の取り方&茹で方

筋の取り方

ささみの中心にある筋は固いので、残したままにすると口当たりが悪くなります。身が縮む原因にもなるので、調理前にとっておきましょう。フォークを使う方法なら、初めて挑戦する方でも上手に筋を取ることができますよ。

【準備するもの】
・ささみ
・フォーク

【筋取りの方法】
1.フォークの隙間から筋が出るようにして引っかけ、出ている筋を持つ。
2.フォークでささみを押さえながら、もう一方の手で筋を一気に引っ張る。

たったふたつの手順で、刃物を使うことなく安全に綺麗に筋を取り除くことができます。筋は一気に引っ張ることがポイントですので、ぜひ試してみてくださいね。

鶏ささみの茹で方

鶏ささみは脂肪がほとんどないので、茹ですぎると固くなってしまいます。「パサついておいしくなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?茹で方をきちんとおさらいすることで、しっとりやわらかく茹であがりますよ。

【材料】
・鶏ささみ
・お湯   適量
・塩    適量

【茹で方の手順】
1.お湯を沸騰させ、塩を入れる。
2.鍋に鶏ささみを入れて再沸騰させたら、さらにそこからすこし加熱する。
3.火をとめて鍋のフタをし、約10分ほど蒸らしたら完了。

ささみの太さや大きさによって、蒸らす時間を前後させるようにしましょう。ゆっくりと火を入れることによって、パサつきのないしっとりとした仕上がりになりますよ。

それでは次から、鶏ささみを使った絶品レシピをご紹介していきます!

ITEM

鶏ささみ

内容量:2kg

¥1010〜 ※2018年5月2日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

お弁当もささみでヘルシーに!人気レシピ5選

1. チキンのピカタ

お弁当に作ってあげたい、鶏ささみのピカタです。冷めると固くなりがちな鶏ささみですが、卵を使った衣をつけて焼くので、ふんわりと仕上がります。

粉チーズの風味が香ばしく、お子さんもパパも気に入ってくれること間違いなしのひと品です。

ITEM

トマトコーポレーション 粉チーズ

内容量:80g

¥277〜 ※2018年5月2日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2. ささみのマヨチー丸め焼き

10分で作れるこちらのレシピは、忙しい主婦の強い味方です。鶏ささみを手で割いて使うので、筋が取れれば包丁なしで作れちゃうんですよ。

肉ダネにマヨネーズを入れることで、ジューシーに仕上がります。前の日の夜に焼いても、翌日まで固くならないので、お弁当にぴったり!成形する際、手に肉ダネがくっつく場合は、スプーンやフォークを使うと簡単にできますよ。

3. ささみのめんたいアスパラ巻き

電子レンジでチンするだけで作れるメインおかずは、夏の暑い日や疲れているときにおすすめです。

鶏ささみに明太マヨネーズを塗り、アスパラを芯に巻いたら、あとは電子レンジにお任せ!明太マヨネーズの味がついているので、ソースなどはかけなくてもOKです。そのままいただけるので、お弁当にもぴったりですよ。

ITEM

グリーンアスパラガス

内容量:1kg

¥2380〜 ※2018年5月2日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう