生のまま?加熱後?「ささみ」の冷凍方法と解凍方法

高たんぱくで低カロリーな鶏ささみは、ダイエットの強い味方。淡泊な味は揚げ物やスープなどいろいろなお料理に使えるので、安い時に多めに買っておきたい食材のひとつ。一度に使いきれない分は、冷凍ストックがおすすめです。上手に保存して活用しませんか?

2019年5月31日 更新

プチプラ「ささみ」は万能食材!

鶏の胸にある笹の形をしたお肉、「ささみ」。柔らかい肉質が特徴で、フライを始め、蒸してサラダにしたりスープに入れたりとさまざまなお料理に活用できます。 栄養面でも優秀で、高たんぱく・低カロリーを代表する食材のひとつ。アスリートやダイエット中の方が食べていることでも知られていますね。他のお肉にくらべてお手頃価格で買えるので、よく買うご家庭も多いのではないでしょうか? ささみをたくさん買ったら、上手に保存して無駄なくおいしくいただきましょう。今回は、冷凍保存法や冷凍ささみの活用レシピをご紹介します。

臭みやアク、ぬめりがすっきり「べジセーフ」

Photo by ベジセーフ

お肉や野菜をよりおいしく食べるために、おすすめなのが野菜洗いのお水「ベジセーフ」。スプレーひと吹きで汚れや農薬がすっきり落ちる上に、野菜本来のみずみずしさを長持ちしてくれる優れものです。

そもそもささみは冷凍できる?

ささみは、他のお肉と同じように生でも加熱後でも冷凍保存できます。お買い得になっていたら、多めに買って冷凍保存しておくと節約にもなりますよ。最近は、コストコなど大型スーパーでも見かけることがあるので、チェックしてみても良いですね。 おいしいささみを選ぶポイントは、色。肉の表面がみずみずしくて、きれいなピンク色のものが新鮮です。パックに入っている場合は、肉汁が出ているものは避けたほうが良いです。無駄なくおいしく食べるためにも、新鮮なささみを選びましょう。

生のささみの冷凍方法

ささみは傷みやすいので、その日に食べない分は冷凍保存しておくと安心です。

下ごしらえ

1. 筋取りをする。 2. キッチンペーパーで表面の水分を丁寧にふき取る。 【筋取りの方法】 筋取りの方法はいくつかありますが、ここでは初心者でも簡単にできるフォークを使った方法をご紹介します。 1. 筋を出し、端をキッチンペーパーで掴む。 2. フォークの刃の間に筋を入れたまま、ゆっくりと筋を引っ張る。 力を入れすぎるとささみが崩れてしまうので、気を付けてくださいね。

冷凍方法

下ごしらえしたささみを1本ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて空気を抜いた状態で冷凍庫へ入れる。 【ポイント】 肉巻きなどに使う方は、観音開きにしてからラップに包んで冷凍しても良いです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS