ライター : 土田 綾乃

管理栄養士

「人との出会い、繋がり」を最も大切にしている旅好きな管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務をきっかけに、海外の方にもっと日本を知ってほしいと思うようになり、専門を和食、日本…もっとみる

低カロリー食材として人気の「ささみ」

ささみは、今やダイエット中の定番食材。お肉のなかでもカロリーが低くヘルシーなイメージがあり、リーズナブルな価格で買えることから人気に火がついています。

実は、そんなささみには、カロリーが低いという特徴以外にも嬉しいポイントが!ダイエッターなら知っておきたい、注目すべき栄養素や上手に活用するレシピなどをご紹介します。

ささみに含まれている栄養素

ささみを代表する栄養素といえば、なんといっても三大栄養素のひとつである「たんぱく質」です。そのほかにも、抗酸化作用のあるミネラル「セレン」や、代謝に必要な「ナイアシン」「ビタミンB6」「パントテン酸」などのビタミンB群も多く含まれます。(※1,2,3)

ささみのカロリー、糖質・たんぱく質量は?

カロリー

ささみのカロリーは、100gあたり109kcal。1本(55g)あたりでは60kcalです。

ささみは鶏肉のなかでも、もっともカロリーの低い部位です。ほかの部位と比べると、ももや手羽の半分程度、胸肉の2/3程度なんですよ。ダイエットに向いているとされるのも、うなずけますね。(※1,4)

糖質量とたんぱく質量

ささみは、糖質(炭水化物から食物繊維を引いた数値)がごくわずかしか含まれていません。100gあたりの含有量は、0.1gです。

また、たんぱく質含有量は100gあたり23.9gと、鶏肉のどの部位よりも多く含まれています。低カロリー・低糖質・高たんぱくと、まさに理想的な食材ですね。(※1)

【調理法別】ささみのカロリー

生の状態では、カロリーの低いささみですが、調理法によってどれだけ変わるのでしょうか? 1本あたりのカロリーが低い順にご紹介します。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS