ささみ以外の食品も一緒に摂取する

普段の食事同様、ダイエット中でも食事のなかで、糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。ささみには糖質やビタミンCがほとんど含まれていないため、ほかの食品から摂取しなければなりません。

主菜をささみのおかずにする場合は、糖質が豊富なごはんやめん類などの主食と、ビタミン・ミネラルが摂れる副菜を一緒に摂りましょう。ほかの食品と合わせることで、食事のバランスが整いますよ。(※1,8)

ゆで・蒸しを中心に

ささみフライのように、油を使う調理法は、油のぶんだけカロリーが上がってしまいます。ほかの食事とのバランスもありますが、ダイエット中はゆでる・蒸すなどの調理法を中心に、ささみを取り入れるのがおすすめですよ。(※1,5,6)

ダイエット中におすすめのささみレシピ8選

1. 蒸しささみといんげんの胡麻和え

Photo by macaroni

蒸しささみといんげんで作る、副菜の定番である胡麻和え。香ばしい香りにお箸が進むひと品です。蒸しささみは、比較的カロリーが低いのでダイエット中におすすめ。いんげん以外に、ほうれん草やおくらなどの野菜に変えてみてもおいしく仕上がります。ぜひお好みの食材で作ってみてくださいね。(※1,5,6)

2. しめじとささみの梅肉和え

Photo by macaroni

なすボートがかわいらしい、しめじとささみの梅肉和え。おしゃれでむずかしそうに見えますが、とても簡単に作ることができますよ。加熱はレンジのみ!蒸しささみを割いて、しめじと梅肉で和えたらなすにのせるだけ。さっぱり低カロリーでボリュームがあるひと品。ダイエット中の副菜におすすめです。

3. 切り干し大根と蒸しささみの柚子ポンサラダ

Photo by macaroni

レンジ加熱後にささみを細かく裂き、切り干し大根とかいわれ大根を合わせるサラダ。食感がよく、柚子こしょうの香りが口いっぱいに広がりますよ。ドレッシングにポン酢を使うので、さっぱりと仕上がります。ダイエット中の副菜としても最適なひと品です。

4. 蒸しささみのねぎだれかけ

Photo by macaroni

たっぷりのねぎと蒸しささみを使用する、簡単レシピ。にんにくとごま油の香りが食欲を誘ってくれますよ。白飯にはもちろん、おつまみにもぴったり。低カロリーの蒸しささみとねぎを使うのでヘルシーに仕上がりますよ。ボリュームがあり、満足できるひと品です。(※1,5,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ