知らないと損する!「カロリーメイトが太る」というのは本当?

今年で発売から34年。いまだ売れ続ける栄養補給バランス食品「カロリーメイト」。最近そのカロリーメイトを食べると太る、という噂を耳にしたことはありませんか?おやつ代わりに食べていた人も一旦ストップ。いつどのように摂取したら良いかご紹介します。

2018年5月25日 更新

カロリーメイトダイエットで太る!?

手軽に摂取することができるということから、本来の栄養補給の目的以外に、ダイエットとしても重宝されてきた「大塚製薬」の『カロリーメイト』。みなさんも、一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

そんなカロリーメイトを使ったダイエットが話題になっていたのですが、カロリーメイトダイエットをするはずが、「かえって太った」と噂になっています。ダイエット目的で始めたことが、体を太らせるなんて悲しいですよね。

そこで今回は、カロリーメイトダイエットは太るのか。そしてどうすればうまくダイエットに取り入れられるのかについてを、詳しくご紹介していきたいと思います。

カロリーメイトのカロリー

ダイエットをするにあたって気になるのは、やはりカロリー。カロリーメイトダイエットをおこなうにあたって、知っておきたい知識なので把握しておきしょう。

カロリーメイトのフレーバーはチーズ味、フルーツ味、チョコレート味、メープル味、プレーンがあります。どのフレーバーも全て400kcal(4本80gの場合)。1本100kcalでわかりやすいのでカロリー計算が簡単にできます。

カロリーメイトはコンパクトサイズですが、カロリーは意外と高め。食べ過ぎには注意したいですね。

カロリーメイトは太る?

1箱食べれば満足感もありますし、腹もちもいいので、無駄な間食も防げそうですよね。これなら、カロリーメイトダイエットは成功しそうにも思えます。

では、なぜカロリーメイトで太ってしまう人がいるのでしょうか?

カロリーメイトは高カロリー

そもそもダイエット食品としてではなく、栄養補給のバランス食品として販売されている「カロリーメイト」。ブロック1本で100kcalなので、決して低カロリーなわけではありません。

食事を取る暇がないくらい忙しいひとのために、栄養を詰め込んだ食品なので、カロリーもそれなりにあるんです。

例えば、ブロックタイプ1箱4本入りを完食した場合、400kcal摂取したことになります。
400kcalといえば、白米(お茶碗1杯分)のカロリー(約356kcal)を上回ります。


約100gで356kcalの白米に対して、カロリーメイトは1箱80gで400kcalです。カロリーのことだけを考えると、白米の方が低カロリーといえますね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう