ローディング中

Loading...

今年で発売から34年。いまだ売れ続ける栄養補給バランス食品「カロリーメイト」。最近そのカロリーメイトを食べると太る、という噂を耳にしたことはありませんか?おやつ代わりに食べていた人も一旦ストップ。いつどのように摂取したら良いかご紹介します。

カロリーメイトダイエットで太る!?

手軽に摂取することができるということから、本来の栄養補給の目的以外に、ダイエットとしても重宝されてきた「大塚製薬」の『カロリーメイト』。みなさんも、一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

そんなカロリーメイトを使ったダイエットが話題になっていたのですが、カロリーメイトダイエットをするはずが、「かえって太った」と噂になっています。ダイエット目的で始めたことが、体を太らせるなんて悲しいですよね。

そこで今回は、カロリーメイトダイエットは太るのか。そしてどうすればうまくダイエットに取り入れられるのかについてを、詳しくご紹介していきたいと思います。

カロリーメイトのカロリー

ダイエットをするにあたって気になるのは、やはりカロリー。カロリーメイトダイエットをおこなうにあたって、知っておきたい知識なので把握しておきしょう。

カロリーメイトのフレーバーはチーズ味、フルーツ味、チョコレート味、メープル味、プレーンがあります。どのフレーバーも全て400kcal(4本80gの場合)。1本100kcalでわかりやすいのでカロリー計算が簡単にできます。

カロリーメイトはコンパクトサイズですが、カロリーは意外と高め。食べ過ぎには注意したいですね。

カロリーメイトは太る?

1箱食べれば満足感もありますし、腹もちもいいので、無駄な間食も防げそうですよね。これなら、カロリーメイトダイエットは成功しそうにも思えます。

では、なぜカロリーメイトで太ってしまう人がいるのでしょうか?

カロリーメイトは高カロリー

そもそもダイエット食品としてではなく、栄養補給のバランス食品として販売されている「カロリーメイト」。ブロック1本で100kcalなので、決して低カロリーなわけではありません。

食事を取る暇がないくらい忙しいひとのために、栄養を詰め込んだ食品なので、カロリーもそれなりにあるんです。

例えば、ブロックタイプ1箱4本入りを完食した場合、400kcal摂取したことになります。
400kcalといえば、白米(お茶碗1杯分)のカロリー(約356kcal)を上回ります。


約100gで356kcalの白米に対して、カロリーメイトは1箱80gで400kcalです。カロリーのことだけを考えると、白米の方が低カロリーといえますね。

高カロリーだが栄養素が高い

しかし、重要なのはカロリー以外の栄養素です。カロリーメイトは「バランス食品」というだけあって、ビタミン・ミネラル・葉酸などの栄養素が、かなり多く含まれています。

これは白米を食べただけでは到底取れない栄養素の多さで、サラダや魚などのおかずを一緒に食べたことで、やっと追いつくほどの栄養分です。

つまり、カロリーメイトは1食分の栄養素を、ギュッとコンパクトに詰め込んだような食品なんですね。

食事と置き換えれば太らない

だんだんとカロリーメイトの本質がわかってきたところで、カロリーメイトをどうやってダイエットに活かしていけばよいのか、なんとなくわかってきましたね。

カロリーメイトを、コンパクトな「一食」と考え、置き換えダイエットに利用すればダイエット効果が期待できそうです。

カロリーメイトのおすすめの食べ方

朝食と置き換え

ダイエット初心者さんも取り組みやすいのが、朝食をカロリーメイトに置き換えるダイエット法です。

通常の朝食より空腹感を感じるかもしれませんが、昼と夜はしっかり食べてよいので、続けやすいダイエット法といえますね。慣れてきたら、昼を置き換える、夜を置き換える、など時間帯を変えて挑戦してみてください。昼や夜は朝食と比べて、摂取カロリーが多いとされているので、400kcalのカロリーメイトに置き換えれば、かなり摂取カロリー量を削減できます。

高価なプロテインダイエット飲料を購入するより、手軽に続けられますよ。

炭酸水と一緒に食べる

満腹感を高めてくれる、ドリンクが「炭酸水」です。

カロリーメイトを食べるときのお供として、お水やお茶ではなく、炭酸水を選んでみてください。もちろん炭酸水は、砂糖やシロップの入っていない無糖のものを選ぶのがポイント。

おやつには NG

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

レシピ サラダ おから まとめ

食物繊維が豊富、かつ低カロリーで人気の食材「おから」。マヨネーズで和えるとポテトサラダのようで食べやすくなりますよ。今回は、おからを使ったサラダの厳選レシピや保存方法をまとめてご紹介。おからをおいしく食べて、…

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

和食

懐石料理と会席料理。どちらも日本の伝統料理として伝えられてきました。敷居の高いイメージですが、日本の料理ですので、ぜひこの機会に日本の食文化をおさらいしましょう。そして少しのマナーを押さえておけば、堂々と食事…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライ...

ページTOPに戻る