調理師直伝!ジューシーなささみピカタのレシピ

ささみのピカタの作り方を、調理師が伝授します、筋の取り方や、厚さを均等にする方法なども、丁寧に見ていきますよ。作り置きやお弁当にもぴったりな、カレー味やチーズ味のピカタのレシピもご紹介します。おいしさが長持ちする裏技も◎

2018年10月2日 更新

調理師が教える!ささみピカタの作り方

ささみピカタ

Photo by kii

卵の衣で、ささみの水分を閉じ込めて、ふっくらジューシーに焼きあげます。淡白なささみに、粉チーズのコクとうま味をプラスします。

ささみは、カロリーが高い皮がない分、鶏肉のなかでもカロリーは低めです。ささみのピカタは、カロリーが気になる女性でも食べやすいお料理ですね。

材料(2人分)

ささみピカタの材料

Photo by kii

・ささみ   4本
・卵     1個
・粉チーズ  大さじ1
・薄力粉   少々
・塩コショウ 各適量
・サラダ油  適量

あれば……
・イタリアンハーブミックス 小さじ1/2
・パセリのみじん切り    大さじ1
※どちらかを加えると、香りも見た目も◎

ささみの下ごしらえ

ささみを切る

Photo by kii

まずは、ささみの下ごしらえをしましょう。ささみの筋は、焼いても硬く、食感がよくありません。焼き縮みの原因にもなるので、取り除きましょう。

筋の両側に、包丁で切り込みを入れます。ささみを切り落としてしまわないように、深くなりすぎないようにしてくださいね。
ささみのスジをとる

Photo by kii

手で筋を押さえやすいように、筋の先端をお肉から切り離しておきましょう。筋の両側から、筋とささみの間に包丁を入れます。
ささみのスジをとる

Photo by kii

筋がある方が下になるように、ささみをまな板に置きます。

手でしっかりと筋を押さえて、筋とささみの間に包丁を入れます。包丁はまな板につけたまま、筋を持った手をグリグリと動かしながら手前に引っ張りましょう。
ささみ

Photo by kii

するんと筋が取れます。筋が途中で切れてしまわないように、慎重に筋を引っ張ることが、きれいに取り除くコツです。
ささみを切る

Photo by kii

火を均等に通すために、ささみの厚さを整えましょう。

筋を取り除いた部分から、肉が厚い方へ包丁を入れて……
ささみ

Photo by kii

厚さが均等になるように、切り開きます。

※小さいお子さまが食べるときや、お弁当のおかずにするときは、さらに食べやすい大きさに切り分けましょう。

作り方

ささみに塩胡椒をふる

Photo by kii

塩コショウを振って、下味をつけます。粉チーズの塩分もありますので、塩は少なめにしてくださいね。
たまごに粉チーズを入れてまぜる

Photo by kii

卵をボウルに割り入れ、粉チーズを入れます。全体が均一になるまで、しっかりと混ぜましょう。粉チーズはダマになりやすいです。粉チーズを加えたら、すぐに混ぜてくださいね。

※イタリアンハーブミックスや、パセリのみじん切りを使うときは、ここで卵液に加えましょう。
ささみに薄力粉をまぶす

Photo by kii

ささみに、薄力粉をまぶします。たくさんまぶしてしまうと、衣が重くなってしまい食感が悪くなるので、注意しましょう。
ささみを焼く

Photo by kii

フライパンにサラダ油を熱したら、ささみを卵液にくぐらせて焼いていきます。油が冷たいと、卵液がフライパンにくっついてしまうことがありますので注意してください。

粉チーズ入りの卵液は焦げやすいです。火が強すぎると、ささみに火が通る前に焦げてしまいます。弱火~中火で、じっくりと焼いていきましょう。
ささみをやく

Photo by kii

ささみの高さ半分まで色が変わりましたら、ひっくり返します。

※卵の衣がはがれてしまうので、ひっくり返すまで触らないでおきましょう。動かさないでじっくりと焼くことで、こんがりとおいしそうな焼き目もつきます◎
ささみをやく

Photo by kii

弱火~中火で、もう片面もじっくりと焼いていきます。こんがりとおいしそうな焼き目がついて、ささみに火が通ったら完成です。
ささみピカタ

Photo by kii

アツアツを召し上がれ。サラダやミニトマトを一緒にワンプレートで盛り付ければ、おしゃれなひと皿になりますよ♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう