ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

ブロッコリーのおかずでお弁当に彩りを

お弁当づくりの悩みのひとつ「彩り」。その悩みを解消してくれる救世主は「ブロッコリー」のおかずです!ブロッコリーレシピは汁気が少ないものが多いのでお弁当に入れやすく、鮮やかな緑色はお弁当をカラフルに彩ってくれます。 この記事では、お弁当にぴったりなブロッコリーのおかずレシピをご紹介。冷凍ブロッコリーを使う際の、おいしくするコツもお教えしますよ。

冷凍ブロッコリーをお弁当箱に詰めるときのコツ

市販の冷凍ブロッコリーを使用する場合

市販の冷凍ブロッコリーは、加熱されて火が通ったものを冷凍しています。そのため、解凍するときにも加熱すると、火が通りすぎてやわらかくフニャフニャになってしまうんです。「加熱しないで解凍」するか「短時間だけ加熱して解凍」が、おいしく解凍するポイントですよ!

自分で冷凍する場合

自分でブロッコリーをゆでて冷凍する場合は、解凍のことも考えて固ゆでにしてください。小房に切り分けたもので約30秒だけゆでて、ザルに上げてあら熱を取ります。キッチンペーパーで水分をしっかりと取り除いて冷凍しましょう。 冷凍ブロッコリーをそのままお弁当箱に入れるときは、あらかじめ冷蔵庫で自然解凍するのがベスト。時短で済ませたい場合は、沸騰したお湯に入れて30秒ほどボイルするか、電子レンジで1分ほど加熱しましょう。

水分を出さないためには

解凍して水分が出てしまった場合は、一度しっかりとキッチンペーパーで水分を取り除くことが大切。ボイルして解凍した場合は、ザルにあげてしっかりと水を切ってください。冷水につける必要はありません。

【和え物】お弁当にぴったりなブロッコリーのレシピ5選

1. ブロッコリーのマヨマスタード和え

マヨネーズに粒マスタードを加えるだけで、ワンランク上のおいしさを味わえます。マスタードのピリッとした辛さと酸味が、よいアクセントになりますよ。電子レンジで加熱するときに、粉末のコンソメを加えるのもおすすめ。しっかりと下味がつくので、お弁当にもぴったりです。

特集

FEATURE CONTENTS