ローディング中

Loading...

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

おいしいブロッコリーの茹で時間は?

サラダや和え物、スープや焼き物など、どんな料理にも使える万能な野菜ブロッコリー。茹でるとほのかな甘みが広がり、コリッとした食感がとても魅力的ですよね。ブロッコリーのおいしさを決めるのは、なんといっても「歯ごたえ」です。ベストな歯ごたえにするためには茹で時間が大切ですね。

皆さんは、ブロッコリーをどれくらいの時間茹でていますか?一般的には、「2分」「5分以内」と様々な意見があります。茹ですぎると水ぽっくておいしくないとの声もありますよね。

ブロッコリーはお湯で茹でると、栄養素が逃げるのではないか? と言う心配もあります。また、電子レンジで加熱すると、農薬やゴミが気になるという声もありますね。

そこで、どうしたらおいしいブロッコリーが食べられるのか調べてみました。ブロッコリーをおいしく食べるための茹で時間、茹で方をご紹介します。

ブロッコリーの下処理

1. ブロッコリーを切る

太い茎から枝分かれしている房を、なるべく崩さないように包丁を茎の根元に入れて、切り分けます。茹でる時間を均等にするため、小房に大小ある場合は茎の方から切り込みを入れ、大きさを揃えましょう。少し大きめの場合は、茎の部分に十字の切込みを入れるだけでも平気です。

2. 茎の部分をカットする

まな板に茎を寝かせ、回すように硬い皮の部分を包丁で厚く切り落とします。中の白い芯の部分が出たら、必要な大きさにカットし、小房と一緒に茹でましょう。厚さによって火の通り加減が変わるので、6~7mm幅のカットがおすすめです。

また、茎の部分は茹でると柔らかくなって甘みが出ます。葉酸や食物繊維も栄養も豊富です。カレーやシチューに混ぜたり、細かく切ってポテトサラダに加えたり、おひたしにして和えたりするとおいしいですよ。

3. ブロッコリーを洗う

ブロッコリーは、小房に切ってから水の中で洗います。つぼみの部分にゴミや虫がつきやすいので、大きいままだと残りやすいです。小房に分けた方がきれいに洗えますよ。

1. 水をはったボウルにブロッコリーの小房を入れ、しっかりと洗います。
※この時ブロッコリーは水に浮いてしまうので、落としブタを置いておくと便利。

2. ゴミの溜まりやすいつぼみの部分をシャカシャカと振り洗いをして、取り出します。
※小さな虫が気になる場合は、たくさんの水を入れたボウルにブロッコリーの小房を入れ、5分ほどつけ置きしてみてくださいね。

ブロッコリーの茹で時間&茹で方!

茹で時間

ブロッコリーを鍋で茹でる場合の時間は、中強火でひと株2分が目安です。大きく茎が固いと感じるものは、中強火3分程度を目安に茹でてください。茹でる時のポイントは、落としブタをすること。

ブロッコリーはお湯に浮いてしまうので、落としブタをして下に沈ませると、鍋の中の熱が均一になり硬い茎の芯も柔らかくなります

茹で方

1. 鍋に1.5ℓの水を入れて沸騰させ、塩大さじ1を入れる。
※塩を入れると、ブロッコリーの栄養素の『クロロフィル』が熱によって酸化せず、緑色の綺麗なブロッコリーに仕上がります。
2. ブロッコリーの茎の芯、小房の順に入れ、浮かないように落としぶたをする。
3. 茹でる時間は、2分が目安。大きいもので3分位になります。
※時間になったら硬さを確認するために、茎の芯を取り出して確認してみてくださいね。
4. 火を止め、ザルにあげます。

あげる時にはザルに重ならないように並べて、つぼみの部分が下にならないようにしてください。下にしてしまうと水分が残り、水っぽくなり傷みやすくなります。

少し硬いかなと思っても、冷ましている時に余熱が入るので大丈夫。ザルにあげたら、常温でそのまま置いて冷まします。時間がある場合はうちわなどで冷ますのもよいでしょう。水に浸してしまうと水っぽくなってしまうので、注意してくださいね。

電子レンジを使った茹で方

茹で時間

少量だけ使いたい時や、鍋を使いたくない時は、電子レンジで簡単に加熱することができます。この方法は、蒸すだけなのでブロッコリーの栄養価を逃す心配がありません。

600Wの電子レンジの場合、目安として約4分加熱すると、歯ごたえのある食感のブロッコリーができます。加熱時間は、100gに対して1分増やす計算が目安です。

ベーコンやチーズ、トマトやニンニク等の野菜を添えて加熱するだけで、簡単におかずが作れて忙しい時に重宝します!

茹で方

1. ブロッコリーを小房に切り分け、洗う。
(虫などが心配な時は、水500mlに小さじ1の塩を入れ、5分ほどつけ置きしてください。)
2. ブロッコリーを取り出し、耐熱容器に入れて、ラップを掛けます。
3. 600Wの電子レンジの場合、目安として1株を4分ほど加熱する。
加熱時間の目安は、ブロッコリー100gに対して1分の計算で行います。
4. ラップをはずして、すぐにザルにあげ祖熱を取る。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食材別で簡単!野菜の旨味引き出す人気のサラダレシピ30選

何かとマンネリしがちなサラダレシピ。そこで今回は、チキンやトマト、キャベツなど食材別に、人気の簡単サラダレシピを30選ご紹介しますよ!また、野菜の洗い方などいつものサラダをもっとおいしくするポイントも交えてご…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

唸るほどおいしい人気焼肉店「kintan」の代官山店がニューオープン!

2015年9月11日(金)に「焼肉KINTAN(キンタン)」の5号店となる「代官山焼肉kintan」がオープンします。「焼肉キンタン」の定番メニューはもちろん、代官山店だけの10食限定のメニューもあるので、肉…

仙川「ヴァニエール」はスイーツが美味しい女子ウケ満点カフェ☆

美味しスイーツが可愛い盛り付けで出てくる、夢のようなカフェ【VANNIER】(ヴァニエール)。内装も清潔感あふれる仕様で、女の子同士で行くには絶好の場所です。あまりに綺麗な盛り付けに、食べるのがもったいなく感…

福岡「オオカミの口」の絶品スコーンは一度食べたらやみつきに♡

古民家を改装した素敵な建物の「オオカミの口」。ここといったらスコーン!というイメージがあるくらい、ファンの中では定番のおいしさです。一度食べたらここ以外のスコーンは食べられなくなるとか!ぜひ召し上がってみてく…

ページTOPに戻る