ブロッコリーのゆで方とゆで時間

ゆで方

1. 鍋に1.5Lの水を入れて沸騰させ、塩大さじ1杯を入れます。 ※塩を入れると、ブロッコリーの栄養素の『クロロフィル』が熱によって酸化せず、緑色の綺麗なブロッコリーに仕上がります。
2. ブロッコリーの茎と小房を入れ、ときどき菜箸でかき混ぜながらゆでます。ブロッコリーが浮かないように、落とし蓋をするのもおすすめです。
3. ゆでる時間は1〜2分が目安です。 ※時間になったら、茎の芯を取り出して硬さを確認してみてください。
4. 火を止め、ザルにあげます。
あげるときはザルに重ならないように並べて、つぼみの部分は上になるようにして並べます。下にしてしまうと水分が残り、水っぽく、また傷みやすくなる原因になります。

ゆで時間とポイント

ブロッコリーを鍋でゆでる場合の時間は、中強火でひと株1〜2分が目安です。ゆでるときに、落としブタをすれば、鍋の中の熱が均一になり、ブロッコリーにまんべんなく火が通ります。 また、少し硬さが残っていても、冷ましているときに余熱が入るので問題ありません。ザルにあげたら、常温でそのまま置いて冷まします。水に浸してしまうと水っぽくなるため、常温で冷ましましょう。

電子レンジを使ったゆで方

ゆで方

1. ブロッコリーを小房に切り分け、洗います。(虫などが心配なときは、水500ccに小さじ1杯の塩を入れ、5分ほどつけ置きしてください。) 2. ブロッコリーを取り出し、耐熱容器に入れてラップをかけます。 3. 600Wの電子レンジの場合、目安として1株を4分ほど加熱します。 4. ラップをはずして、すぐにザルにあげて粗熱を取りましょう。

加熱時間

少量だけ使いたいときや鍋を使いたくないときは、電子レンジで簡単に加熱することができます。この方法は、蒸すだけなのでブロッコリーの栄養素を逃さず調理できます。 600Wの電子レンジの場合、目安として約4分加熱すると、歯ごたえのある食感のブロッコリーができます。加熱時間は、100gに対して1分増やすようにしましょう。 ベーコンやチーズ、トマトやニンニク等の野菜を添えて加熱するだけで、簡単におかずが作れて忙しいときに重宝しますね。

冷凍保存する場合のゆで方

特集

FEATURE CONTENTS