絶対知るべきブロッコリーの正しい洗い方!隠れた虫や汚れをきれいに除去

みなさんはブロッコリーをどのように洗っていますか?きちんと洗っているつもりでも意外ときちんと洗えていない。そもそもどう洗うのがいいのかよく分からない。そんなブロッコリーについて正しい洗い方を徹底解説致します。

ブロッコリーの正しい洗い方がある!

栄養価も高く、彩りも良くなることから日々の食卓に欠かせないブロッコリー。お弁当にも便利ですよね。そんなブロッコリーですが、ブロッコリーを食べようとした際、「虫がついてた!」や「ゴミがついてた!」という経験をしたことはありませんか?

どんな種類の野菜でも虫やゴミがついてた!なんてことはよくある話です。むしろ、本来は虫もゴミもつかずに野菜を作る方が難しいもの。葉物野菜や、皮をむいて使う野菜などは、虫がついていたとしても取り除きやすく、比較的洗いやすい野菜なのですが、ブロッコリーに関しては、中までよく見えないですよね。

意外と見えないところに虫やゴミ、ほこりが入り込んでいることが多く、その事に気づかず口にしてしまうこともあります。ここではブロッコリーの正しい洗い方についてご紹介したいと思います。

塩を使ってきれいに洗う方法

まずは、きれいに洗って虫やゴミ、ほこりを落とす方法をご紹介します。
【用意するもの】
・ビニール袋(スーパーなどでビニール袋に入れて持って帰って来ればその袋でよい。)
・塩 小さじ1程
・水
【手順】
1.ブロッコリーをビニール袋に入れる。
2.花蕾(カライ)がつかる位まで水と小さじ1程の塩を入れ、ビニールを少し膨らませてシャカシャカ振る。
3.再度、塩抜きの為に水のみをいれて【2】を繰り返す。
※茎の部分を持ちながら振ると、振りやすくなります!

20分放置してゴミを取り除く

次は、忙しい方におすすめの方法です。準備するものもビニール袋と水のみ!放置している間に他の料理を進められるのでよいですね。
【用意するもの】
・ビニール袋(スーパーなどでビニール袋に入れて持って帰って来ればその袋でよい。)
・水
【手順】
1.ブロッコリーをビニール袋に入れる。    
2.花蕾(カライ)がつかる位まで水を入れ、そのまま20分放。
3.20分後、ビニールを少し膨らませてシャカシャカ振って水を捨てれば終了。

遠心力を利用した洗い方

次は、遠心力を利用して虫やゴミを排除する方法です。
【用意するもの】
・鍋やボール
・水
【手順】
1.鍋やボールに逆さに花蕾(カライ)部分が浸かるくらいの水を張る。
2.茎を持ち、逆さにして花蕾を水に浸けて、グルグル回転させる。
3.水を張り替えて2~3回繰り返せば遠心力でゴミやほこりが勝手に取れていきます。

カットして洗う方法

次は、カットしてから洗う場合の方法についてご紹介します。隅々までチェックできるため、離乳食などにブロッコリーを使う際はこちらがおすすめですよ。
【小房に分ける手順】
①ブロッコリーの太い茎と花蕾(カライ)の境目を包丁でカットします。
②花蕾に刃を入れないよう、花蕾のついた枝分かれの部分に刃を入れて、小房にしていきます。茎の部分に軽く切り目を入れてそこから手で割けば、花蕾が傷つかずに切り分けることができます。
③小房に切り分けた花蕾の部分は20分程水につけて置いておくか、しっかり水洗いをしてください。

【茎の切り方】
捨ててしまいがちな茎の部分も緑の皮を厚めに切り取れば美味しく食べる事が出来ます。茎の部分は炒め物やスープに使うと良いですよ!
①茎の部分の皮を切りおとしやすいように立てて、緑の皮の部分を厚めに切りとっていきます。(緑色の部分には繊維があるため、火を通しても固いので切り取ってください。)
②食べられる白い部分を料理の用途によってカットしていきます。(細切り、短冊切り、輪切り等。さいの目切りでもいいですね。)

【茎がついたまま小房に分ける手順】
①太い茎に縦半分の切り込みを入れ、手で半分に割ります。
②花蕾に刃を入れないよう、花蕾のついた枝分かれの部分に刃を入れて、茎の部分を切っていきます。茎の部分にしっかり切り目を入れれば、後は手で割いても大丈夫です。
③太い茎の部分は緑の皮を厚めに切り剥がします。
③切り分けたブロッコリーは20分程水につけて置いておくか、しっかり水洗いをしてください。

重曹を使ってしっかり洗う

先ほどご紹介した洗い方よりもさらにしっかりと洗いたい場合は、重曹を使用してブロッコリーを洗ってください。重曹は掃除や洗濯の際に用いたりするので、食用品に使用してもいいの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、重曹は口に入っても全く問題はありません。しかも重曹を使用することで、農薬まで落とすことができます。

洗い方はとても簡単です。ブロッコリーを洗う時に使う、ビニール袋やボール、鍋に水を入れ、そこに重曹を適量入れるだけなのです。後はつけ置き洗いでも良いですし、振り洗いでもOK。前述した洗い方+重曹で洗うことにより、よりしっかりと汚れを落とすことができます。

特集

SPECIAL CONTENTS