ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ブロッコリーの黄色い部分は食べられる?

ブロッコリーは栄養価が高く、茹でるだけで手軽に食べられる身近な野菜のひとつ。茹でてサラダなどにソッと添えるだけでも彩りが良くなることから、冷蔵庫に常に入っている野菜のひとつではないでしょうか。 でも、気が付くと頭の部分が黄色くなってしまっていることってありませんか?黄色いブロッコリーは見た目にはあまりおいしくなさそうですよね。 なぜブロッコリーは黄色くなってしまうのでしょうか?黄色くなる理由、そして食べても大丈夫かなどなど、ブロッコリーについて詳しく調べてみました。

黄色くても食べてOK

ブロッコリーを生のまま冷蔵庫に入れていて、頭の部分が黄色くなってしまった場合、食べても問題ないのでしょうか? じつは、問題ありません。なぜ黄色くなるのか、そして、そもそもブロッコリーの頭の緑の部分は何なのか、その理由が答えになっています。 ブロッコリーは元々、花を食べるキャベツの一種を品種改良してできたという説があります。和名ではメハナヤサイやミドリハナヤサイと言い、漢字では「芽花野菜」「緑花野菜」のように書きます。 つまり、ブロッコリーの頭の部分は花のつぼみなのです。黄色くなるのは、つぼみが膨らんだり開いてきているためで、傷んでいるわけではありません。ただし、花に栄養を使ってしまっている状態です。黄色くなっていたら早めに食べた方がいいでしょう。

ここは注意!

ブロッコリーは生の状態であれば、冷蔵庫で2日から3日程度の保存ができます。茹でた後は、冷蔵庫で1日から3日程度、冷凍庫では1か月ほど保存が可能です。 では、ブロッコリーがどのような状態になったら食べるのをやめた方がいいのでしょうか。腐っている状態の目安は、変なにおいがしたり、カビが生えてきていたり、茶色に変色していたり、溶けてぬめりがあったりする場合。こうした状態が確認できたときは、食べるのをやめましょう。 ブロッコリーはあまり長く長期保存ができる野菜ではなく、味が落ちるのも早いので、購入したらできるだけ早く食べた方がよさそうですね。

紫色のブロッコリーは?

スーパーに並んでいるブロッコリーで、表面が紫がかっているものがありますよね。何が原因で、どういう状態なのでしょうか。一見、紫色だと品質が悪そうに感じますが、実際はどうなのでしょうか。 この紫の部分は、アントシアニンという成分が表面に出てきている状態です。アントシアニンはブルーベリーやワインにも含まれることで有名なポリフェノールの一種で、寒さから身を守ろうとすると、表面に出てくるんです。 紫色のブロッコリーは、緑のものより甘みが強いのが特徴です。つまり、ブロッコリーを購入する場合、紫の物を選んだ方が栄養面でも味の面でも良いものが買えるということです。ちなみにブロッコリーの紫色は茹でると緑色に戻るので、食卓の色どりを考えるときは緑色としてとらえてくださいね。

黒点のあるブロッコリーは大丈夫?

ブロッコリーの軸の部分に無数の斑点のような黒点がついているときがあります。もしかして何か虫の卵かも!?なんて焦って洗っても取れないし、困ってしまったことはないでしょうか。 この黒点は成長の過程に低温などのストレスがかかると出てきます。こちらもポリフェノールなので、食べても全く問題はありません。 これと同じような黒点を白菜の根元でよく見かけます。ゴマ症と呼ばれるもので、野菜の生理現象なのです。見た目は少し悪くなりますが、味にも健康にも害はありません。
↓白菜の黒い点について詳しく触れています。

茶色く変色したブロッコリーは?

生の状態のブロッコリーを長期間放置すると、緑色→黄色→茶色の順で変色していきます。少し茶色になった部分がある程度であれば、そこを切り落として捨てれば他の部分は食べることができますので安心してくださいね。ですが、全体的に茶色くなっている場合は食べるのを控えた方がいいでしょう。 そしてブロッコリーを茹ですぎたり、蒸しすぎたりしても茶色になることがあります。これは火を通しすぎたことで色素が落ちてしまっている状態です。食べても問題ありませんが、栄養価は色素と共に落ちてしまっています。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS