ライター : 上原 花菜

管理栄養士

「食べることは楽しいこと」をモットーにレシピ提供やコラム執筆をメインに活動中です。 高齢者施設での管理栄養士経験を活かし、食べることに課題のある方にも食事を楽しんでいただけ…もっとみる

花が咲いたブロッコリーは食べられる?

ブロッコリーはキャベツの一種を改良した、アブラナ科の野菜。頭の部分は、花のつぼみにあたります。ブロッコリーは収穫されても成長しようとするため、時間が経つと黄色の花が咲くことがあります。

花が咲くと食べられないと思われがちですが、問題なく食べられますよ。ただし、花に栄養が取られた状態で食べごろは過ぎているため、早めに食べてくださいね。

黄色く色変わりブロッコリーについて

ブロッコリーを買ってから数日そのままにしていると、全体が黄色くなることがあります。黄色く色が変わったブロッコリーは、花が咲く前のつぼみが膨らんだり開いたりしている状態です。

傷んでいるわけではないので、食べても大丈夫!ですが、苦味が強くなり、味が落ちることがあります。また、食感も悪くなってしまうため、早めに食べるようにしましょう。

茶色く変色したブロッコリーについて

生のブロッコリーを長く放置すると、茶色に変色していきます。茶色になった部分が少しであれば、切り落としてほかの部分は食べることができますよ。ですが、全体的に茶色くなっていたり、ぬめりがあったりする場合は傷んでいるので、食べるのを控えましょう。

黒いブロッコリーについて

全体的に黒ずんでいるブロッコリーは、黒すす病と呼ばれるカビの可能性が。一部だけなら取り除いて食べられますが、中まで傷んでいる場合があるので、よく見てから調理してくださいね。

茎にポツポツと黒い斑点が出ることがあります。これは、ゴマ症と呼ばれ、白菜の根元にある黒い斑点と同じもの。食べても問題ありませんよ。

紫色のブロッコリーについて

スーパーで販売されているブロッコリーで、まれに紫色をしているものがあります。これは、ブロッコリーが寒さから身を守ろうと、アントシアニンと呼ばれる紫色の色素を出すため。アントシアニンはブルーベリーやワインなどに含まれるポリフェノールの一種です。

傷んでいるわけではないので、問題なく食べられます。紫色の色素は加熱すると失われて緑色に戻るので、いつものブロッコリーと同じように使えますよ。

ブロッコリーのおすすめの保存方法

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ