ローディング中

Loading...

食材をおいしいまま保つことができるという「50度洗い」。野菜や果物はもちろん、お肉や魚にも適応できるんですよ。今回は、50度洗いの正しい方法をご紹介。コツやポイントをしっかり押さえて、賢く食材を保存しましょう!

食材をおいしく保つ「50度洗い」

「50度洗い」という言葉を、みなさん聞いたことはありますか?
名前のとおり、50度の温度で食材を洗う方法なのですが、言葉だけは聞いたことがあるけど、詳しいやり方は知らないという方が多いのではないかと思います。この「50度洗い」を実践することで、食材をきちんとおいしいままで、保存することができるんですよ。

今回は、そんな「50度洗い」の正しい方法をご紹介します。あなたもぜひ、トライしてみてくださいね!

50度洗いとは?

50度洗いとは、スチーミング調理技術研究会代表の平山一政さんが提案した方法で、50度前後の温度で食材を洗うと、“ヒートショック”という現象により葉の表面の気孔があいて、細胞が水分を吸収できるので、葉物野菜がみずみずしくシャキッとするんです。

50度洗いのメリット

果物、お肉、魚にも効果あり

50度洗いのすごいところは、葉物野菜だけでなく、そのほかの野菜、果物、お肉、魚でも有効とだということ。しかも雑菌も10分の1に減るので、通常より日持ちするようになるのだとか。

野菜には、えぐみや苦みなど、調理のとき「アク」と呼ばれる成分がありますが、50度洗いによって取り除くことができるので、うまみが数倍アップすることも分かっています。お肉や魚も、酸化した脂分がなくなり、うまみがギュッと閉じ込められるんです。

食材に残る農薬も落とせる!

50度洗いは、じゃがいもやゴボウなどに見られる土の汚れも落としますが、野菜や果物の表面に残った農薬などの薬剤も、落としてくれるのです。小さなお子さまがいらっしゃるご家庭などでは、やはり農薬の問題はシビアですので、50度洗いは積極的におこないたいですね。

50度洗いの正しい方法

食材をおいしく、日持ちさせることができるなら、ぜひとも実践したいですよね!そこで、正しい50度洗いの方法を、ご紹介したいと思います。

50度のお湯の作り方

そもそも50度のお湯って、どのように作ればいいのでしょうか?まずはそこから、説明していきますね。

50度のお湯は、沸騰させたお湯と常温の水を半分ずつ混ぜて作ります。最初は50度〜55度程度になります。そこからは調理用の温度計を使って、少しずつ水を足していき、48度〜52度あたりになったらOKです。

野菜・果物の洗い方

野菜や果物は、表面に傷がつかないように優しく洗います。葉物野菜は、しゃぶしゃぶをするように、細長いものは上下半分ずつ分けて洗うと良いでしょう。洗い終わったら、水気はしっかりと切ってくださいね。

お肉・魚の洗い方

お肉の場合、こすり洗いをして5分ほどお湯につけてから冷水に取り出し、水気を切ります。魚は冷蔵庫から取り出してすぐおこなうので、温度には特に注意しましょう。2~3分お湯につけますが、お刺身の場合、1~2分丸ごとお湯につけて洗ってから、氷水に移します。

お湯で洗うと、お肉も魚も白っぽくなりますが、水気をしっかりと切って15分も置いておけば、元通りになりますよ。

ひき肉は溶けてしまう恐れがあるので、50度洗いは控えましょう。

おこなう上での注意点

50度洗いをおこなう際、誤って43度以下の温度で洗うと、菌が繁殖してしまうので、温度には注意してくださいね。

お肉や魚介類は、洗ったらすぐ調理しましょう。冷凍したものを洗う場合は、そのまま50度洗いをして、すこし芯が残るまで解凍し、冷水に入れて最後まで解凍します。50度洗いをすると肉汁も流出しないので、うまみが閉じ込められ、料理がおいしく仕上がりますよ。

50度だと熱くて素手ではむずかしい場合、ゴム手袋や菜箸を使って洗いましょう。

50度洗いの時間の目安

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とろける食感!すき焼きに合う肉の部位&選び方

すき焼き

人気の鍋のひとつ、「すき焼き」。これからの季節は食卓に登場する回数も増えるはず。そんなすき焼きの肉にはどのような部位を使えばよいのでしょうか?使用する肉について、部位による味の違いや特徴、おいしい肉の選び方な…

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

やみつきコリコリ食感♩山くらげってなに?レシピや名前の由来を紹介

レシピ

山くらげとはなにかご存じですか?想像できるようで実は詳しく分からないこのネーミング。その名前や意味の由来、またどこで手に入るのでしょうか。今回は、そんな山くらげについて、その正体や作り方を徹底解説していきます。

卵もおいしく!「カレイの煮付け」のレシピを調理師が伝授

和食 レシピ

和食の人気レシピ「カレイの煮付け」のレシピを、調理師がお教えいたします。ふっくらやわらかく、生臭さも防いで、卵にもしっかりと火を通すコツを解説。おすすめの献立も紹介するので、今日の晩ごはんにさっそくチャレンジ…

煮付けや南蛮漬けも!圧力鍋で作る小アジの定番レシピ3選

まとめ

小ぶりでかわいい「小アジ」は、さまざまな料理に使える万能食材!今回は、圧力鍋で作る小アジの定番レシピをご紹介します。煮付けや甘露煮、南蛮漬け……気になる骨も、圧力鍋を使えばやわらかく仕上がるので食べやすくなり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ物にまつわるしょうもないギネス記録『10』選

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

男ならワイルドに焼いてガッツリ食うべきBBQの食材『10』選

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

【日本酒ランキング】酒のプロが選ぶ1,500円以下のおいしい日本酒

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

鎌倉「ウィウィ」素敵な隠れ家的ビストロフレンチへ行こう!

鎌倉 ビストロ フレンチ

JR鎌倉駅西口から徒歩4分ほどのところのパン屋さんの上にある小さい可愛らしいお店が「ouioui(ウィウィ)」です。お店の雰囲気とは少し違い、良い意味で裏切ってくれる素敵すぎるビストロフレンチを提供してくれま…

連載記事

鶏料理のプロ直伝!手羽先のきれいでおいしい食べ方テク

唐揚げ

居酒屋の定番メニューのひとつ「手羽先」。ビールがぐいぐい進むおつまみですが、気づけば手も口元もべとべとに。もっときれいに、おいしく食べたい!そこで今回は、鶏料理専門店でスマートな手羽先の食べ方を教えてもらいま…

韓国発のひんやりスイーツ!東京で絶品「パッピンス」が味わえるカフェ5選

韓国料理 韓国 スイーツ 東京 レシピ かき氷 まとめ

韓国で定番のかき氷「パッピンス」。ふわふわしたかき氷の上に、たっぷりのトッピングをのせて食べる、夏にぴったりの贅沢なスイーツです。今回はそんな「パッピンス」を東京都内で味わえるおすすめのお店と、お家で楽しめる…

ページTOPに戻る