野菜・果物の洗い方

野菜や果物は、表面に傷がつかないように優しく洗います。葉物野菜は、しゃぶしゃぶをするように、細長いものは上下半分ずつ分けて洗うと良いでしょう。洗い終わったら、水気はしっかりと切ってくださいね。

お肉・魚の洗い方

お肉の場合、こすり洗いをして5分ほどお湯につけてから冷水に取り出し、水気を切ります。魚は冷蔵庫から取り出してすぐおこなうので、温度には特に注意しましょう。2~3分お湯につけますが、お刺身の場合、1~2分丸ごとお湯につけて洗ってから、氷水に移します。 お湯で洗うと、お肉も魚も白っぽくなりますが、水気をしっかりと切って15分も置いておけば、元通りになりますよ。 ひき肉は溶けてしまう恐れがあるので、50度洗いは控えましょう。

おこなう上での注意点

50度洗いをおこなう際、誤って43度以下の温度で洗うと、菌が繁殖してしまうので、温度には注意してくださいね。 お肉や魚介類は、洗ったらすぐ調理しましょう。冷凍したものを洗う場合は、そのまま50度洗いをして、すこし芯が残るまで解凍し、冷水に入れて最後まで解凍します。50度洗いをすると肉汁も流出しないので、うまみが閉じ込められ、料理がおいしく仕上がりますよ。 50度だと熱くて素手ではむずかしい場合、ゴム手袋や菜箸を使って洗いましょう。

50度洗いの時間の目安

野菜

葉物野菜(水菜・レタス・ニラなど)…… 15〜20秒 根菜類(いも類・ごぼう・レンコンなど)…… 5〜6分 根菜以外の固いもの(アスパラガス・ブロッコリー・かぼちゃなど)…… 2〜3分 トマト …… トマトを常温に戻してから、4〜5分

果物

全般(ぶどう・アボカド・いちご・りんごなど)…… 2〜3分 バナナ …… 5分
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS