わらびの正しい保存方法って知ってる?わらびを使った絶品レシピも

わらびといえば春に味わうことができる山菜ですが、実は年中楽しめるとっておきの方法があるのですよ。春まで待たなくてもわらびをいつでも食べられるなんてうれしいですよね。記事内では、わらびを使ったおすすめレシピもいくつかご紹介します。

そもそもわらびってなに?

わらびとは全国に自生しているシダ植物の仲間で、山菜として親しまれています。山菜として食用にされているのは若芽で、ワラビの根に多く含まれている澱粉からはわらび餅の元となるわらび粉が作られるのですよ。山菜よりもわらび餅の方が身近に感じる方が多いかもしれないですね。

わらびは全国で採れるため、地方により時期に開きがありますが、3月中旬頃に九州で旬を迎え、東北など北の地方では6月頃に食べごろを迎えます。草原、谷地、原野などの日当たりのよいところに群生するのもわらびの特徴のひとつですね。山奥に入らなくてもちょっとした山や野で沢山採ることができる身近な山菜なのですよ。

わらびの冷蔵保存の方法は?

わらびのあく抜きの方法は?

わらびには毒性があるため、食べるには必ずあく抜きが必要です。わらびは時間がたつと硬くなってしまうので、採ったその日のうちにあく抜きをおこなうのがおいしく食べるための秘訣ですよ。冷蔵保存方法の前にまずはあく抜きの方法からご紹介しましょう。

大きめの鍋に水を入れ、火にかけます。沸騰したら重曹を入れましょう。沸騰直後のお湯では熱すぎるので、いったん火を止め、荒熱を取ります。荒熱が取れたら水洗いしたわらびを鍋に投入します。

その際、わらびが全部お湯につかるようにしましょう。そのまま半日もしくはひと晩置き、わらびが柔らかくなったらあく抜きは完了です。鍋から取り出して流水で水洗いしましょう。

わらびの冷蔵保存の手順は?

あく抜きしたわらびをタッパーなどに水に浸した状態で冷蔵庫に入れます。毎日水を取り替えれば、1週間ほど保存することができますよ。とはいっても、日がたつほど風味と食感は損なわれていくので、できるだけ早く食べるようにしましょう。

タッパーなどに入れる保存方法のほかに、密閉可能な袋を使った冷蔵保存方法があるのですよ。袋にあく抜きしたわらびと5%程度の塩水を入れ、中の空気を抜いて密閉します。あとはそのまま冷蔵庫に入れるだけです。こちらも1週間程度の保存がききますよ。

あく抜きしたわらびは茹でる必要がないので、冷蔵庫から取り出したらそのまま味付けをして食べることができます。時間がないときでもささっとひと品作れるので、とっても便利ですね。

わらびの冷凍保存の方法は?

わらびの冷凍保存の手順は?

冷蔵保存と同様、まずはあく抜きをおこないましょう。あく抜きをしたあと、水洗いしたわらびを水と一緒に密閉可能なフリーザーバッグなどに入れ、しっかりと口を閉じます。あとは冷凍庫に入れれば完了です。水の代わりにめんつゆを入れれば、味付けも兼ねることができて一石二鳥ですよ。

また、わらびの水をしっかりと切ってから保存する方法もあります。できるだけ重ならないように平らにフリーザーバッグなどに入れ、空気を抜いて封をし、冷凍庫に入れます。冷凍前に使いやすい大きさに切っておくと便利ですよ。

フリーザーバッグ内の空気を抜く際、できるだけ真空状態にすることで冷凍焼けを防ぐことができます。真空にする機械を使用するのが望ましいですが、ストローを使ってなかの空気を抜くこともできるのですよ。フリーザーバッグの口の隙間からストローで空気を吸い取れば、かなり真空に近い状態にすることができるのです。

わらびの保存期間や解凍の方法は?

冷凍わらびの保存期間は?

冷凍保存することで保存期間はぐんと長くなります。2~3ヵ月程度であればおいしく食べることができますよ。冷凍焼けなどがなければもう少し長い保存も可能ですが、風味が落ちる前になるべく早く食べるようにしましょう。

冷凍保存したわらびは解凍するとふにゃふにゃとなってしまう欠点があるので、食感を楽しみたいという方は冷蔵保存やほかの方法での保存がおすすめですよ。

冷凍わらびのおすすめ解凍方法は?

水などに浸して冷凍保存した場合は、自然解凍がおすすめですよ。水気を切ってから冷凍保存したわらびは、解凍すると食感が落ちてしまうので、解凍せずにそのまま煮物料理などに使うようにしましょう。

わらびの長期保存方法は?

ここからはわらびを長く保存する3つの方法をご紹介します。色々な方法があるので、自身にあった方法で試してくださいね。

わらびの塩漬け

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう