天ぷら以外も!「ふきのとう」の人気レシピ和洋いろいろ14選

春先にいっせいに芽を吹くふきのとう。独特な香りと苦味が早春の食材として、天ぷらや和え物とといった料理で春を楽しませてくれます。和食のイメージが強いふきのとうですが、意外にもイタリアンや洋風の料理にピッタリ合うんです♪

2019年8月23日 更新

和風に調理。ふきのとうの人気レシピ4選

1. 春の山菜の天ぷら

ふきのとうの香りを楽しむなら、まずは天ぷらで。春の山菜の代表、ふきのとうとタラの芽を薄めに溶いた衣をつけてサッと揚げます。せっかくですから、天つゆではなく山椒塩でいただきましょう。ほろ苦さがクセになる、ちょっと大人の天ぷらです。

2. ふきのとうの味噌炒め

こちらはふきのとうを味噌で炒めたお料理。おかずとして食卓を彩ってくれます。お味噌によって味の濃さが変わりますので、ご自宅にあるものに合わせて調節してみてくださいね。 お酒のおつまみにもちょうどよさそうです。

3. ふきのとうの佃煮

苦味が魅力のふきのとうですが、しっかりとあく抜きをすればえぐみを感じさせません。下ごしらえしたら、細かく刻んでめんつゆとみりんで煮るだけ。炊き立てのご飯にのせて食べましょう。思わずおかわりしたくなる絶品です。

4. ふきのとう味噌(ふき味噌)

「ふき味噌」は春らしい香りとほんのりした苦味を閉じ込めた保存食として、古くから伝わる料理です。おばあちゃんの味として記憶してる方もいるのでは? 作り置きしておけば、ご飯のおともだけではなく、お酒のおつまみにもなりますよ。冷奴やチーズにトッピングしてもおいしい!

洋風に調理。ふきのとうの人気レシピ5選

5. ふきのとうとベーコンの炒めもの

ふきのとうの苦味を楽しむレシピなので、サッと水で洗うだけでOK!オリーブ油でふきのとうを炒めたら、ベーコンを加えて旨みを移します。味付けはシンプルに塩コショウのみ。ビールやワインがほしくなるスピードレシピです。

6. スキレットひとつでふきのとうとうどのマスカルポーネグラタン

スキレットひとつでできる簡単レシピです。ホワイトソースは必要ありません。マスカルポーネと水切りヨーグルト、生クリームを混ぜ合わせたら、白味噌を味のアクセントに。 スキレットで具材を炒め、ピザ用チーズをかけて魚焼きグリルやトースターで焼くだけ。おいしいグラタンの完成です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS