ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

ばっけ味噌って?

ばっけ味噌の「ばっけ」とは、秋田県や福島県の一部など東北の方言でふきのとうのことです。ばっけ味噌とは、茹でて刻んだふきのとうを混ぜた、旬を感じる食べ物として親しまれています。 ふきのとうはほろ苦い味が特徴で、ばっけ味噌は爽やかな苦みと味噌の風味が特徴。ご飯にのせたり、お酒のあてにもなるんですよ!ふきのとうは全国で採れる山菜ですので、東北名物にチャレンジしてみましょう♪

ばっけ味噌(ふき味噌)の作り方

材料

●ふきのとう ●味噌 ●みりん ●砂糖 ●ごま油

ばっけ味噌の作り方

ふきのとうの下処理 ふきのとうは外側の皮と根元の黒くなっている部分を切り取リ、すぐに水にさらしましょう。 下処理したふきのとうをさっと茹でて細かく刻みます。それをゴマ油で炒めたら、味噌とみりん、砂糖を投入し、ゆっくりと加熱しながら練り上げていきます。できたばっけ味噌は完全に冷まして密閉容器に入れて保存しましょう。

手作りばっけ味噌の保存期間

手作りのばっけ味噌は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すると、おおよそ1週間はおいしく食べられます。 冷凍保存も可能です。小分けにしたばっけ味噌を密閉できる保冷バックに入れ、しっかりと空気を抜いて冷凍庫に入れましょう。そうすれば1年間も保存可能になります。 しかし、保存中にどうしても香りが抜けてしまいますので、2~3か月で食べてしまう方が無難です。冷凍したばっけ味噌は、自然解凍をしてくださいね!

ばっけ味噌のアレンジレシピ3選

1. くるみでアレンジしたばっけ味噌

基本のばっけ味噌を作ったら、半量に刻んだくるみを混ぜ込んで、くるみ入りのばっけ味噌にしています。ふきの香りと、ナッツの甘みと歯ごたえが、さらにおいしさをアップしてくれますよ!温かいおにぎりにのせるとさらに香りが広がります。

特集

FEATURE CONTENTS