13. ふきのとう、タラの芽、蕾菜のアヒージョ

ふきのとう、タラの芽、蕾菜はどれも春先にしか味わえない食材です。アヒージョにすれば、アクや苦味なども気になりません。ニンニクを煮たオリーブ油で、ふきのとう、タラの芽、蕾菜を煮て塩で味付け、あとは好みのやわらかさで食べてくださいね。 仕上げに黒コショウをひとふりすれば、ワインのあてに最高です。

14. ふきのとうとタケノコの春色キッシュ

ふきのとうとタケノコを使ったキッシュは、塩鮭が味のベースになります。アパレイユにはクリームチーズを加えて、濃厚な味わいに。ちょっと豪華な休日ランチに、パスタの前菜としていかがでしょう。おもてなしにもおすすめです。

ふきのとうで春のおもてなし♪

下処理が面倒だったり、ちょっとクセのある味で敬遠しがちなふきのとうですが、洋風の食材や調理法を組み合わせることで驚くほど身近な味になるんです。 まずはご紹介したレシピにトライしてみてはいかがでしょう。春限定のおもてなし料理として、女子会やホームパーティーで腕を振るってみてくださいね。
▼ふきの葉も活用できますよ♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ