旬を逃さないで!山菜の種類とおいしい食べ方まとめ

次々と芽を出す山菜は、旬の風味を楽しむうえでなくてはならない食材です。好きな人が多いわりに、どんな山菜があってどう食べればいいのか、ご存じなかったりしますよね。そこで今回は、山菜の種類や時期、食べ方についてまとめました。

ご存じですか?いろいろな山菜

通りのはしに若葉を目にする機会が増えたら、それはもう山菜の季節。

ふきのとうやあけびのほどよい苦味を思い出しては口の中によだれをためている、なんて人も少なくないのでは。

山菜は食べられる野草の総称

山菜とは、山や野原に自生している植物の中で、食用できるものの総称です。特徴はクセになるようなほろ苦さと、ふつうの野菜では味わえないアクの強さ。最近ではハウス栽培をしている農家もありますが、自生しているもののほうがやはり風味が強いものが多いように思います。

ちなみに日本人は、縄文時代にはすでに山菜を食べていたと考えられていて、日本最古の歌集である万葉集にもいろいろな山菜が登場しているんですよ。

春から夏にかけて、山菜の季節

ここからは、そんな春の山菜を紹介していきましょう。なお、収穫時期については陽気や地方によって異なるため、データはだいたいの目安と考えてください。

春を告げる「ふきのとう」

収穫時期:3月下旬〜5月下旬

雪がとけるころ、融雪を割るように顔を出しはじめるのがふきのとう。山菜の中ではもっとも早い時期から収穫できます。春の山菜というとまずこのふきのとうを思い出すという人も多いのでは。ちなみに、東北にはふきのとうをバッケと呼ぶ地域が多いとか。

味の特徴は、独特な強い苦み。クセになるような味わいです。

山菜の天ぷらといえば「たらの芽」

収穫時期:4月下旬〜6月下旬

ひと昔前まではほとんど食べられることのない山菜だったたらの芽ですが、今や山菜の代名詞といっていいくらい有名になりました。山菜にしてはアクが少なく、アク抜きのいらない調理の簡単な食材です。

お菓子にも使われる「わらび」

収穫時期:5月上旬〜6月下旬

ずっと昔から食用されている山菜のひとつです。こぶしのように巻いている若葉を茎ごと食べるので、早蕨(さわらび)なんて呼び方もあります。天然ものはかなりアクが強く、アク抜きは必須。地下茎でつくるわらび粉を使ったお餅、わらび餅が有名ですね。

活力源!「行者にんにく」

収穫時期:4月上旬〜6月下旬

アイヌネギとも呼ばれる行者にんにくは、北海道の特産品としても知られる山菜です。古くはきびしい修行を続ける行者が活力源として用いたといわれ、行者にんにくと呼ばれるようになりました。

「青こごみ」「赤こごみ」

収穫時期:4月下旬〜6月下旬

青・赤ともにアクやにおいが少なく、下準備の手間がいらない山菜のひとつ。青こごみほぼ全国で収穫でき、山菜の中では身近な食材といえます。赤こごみはどちらかといえば収穫量が少なく、山菜採りで十分量をそろえるのはややむずかしいといいます。

酢味噌で食べたい「山うど」

特集

SPECIAL CONTENTS