ライター : TAMA39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国のオシャレなCaféやグルメの旅に出るのが夢です(^.^)宜しくお願いしますm(__)m

おうちで焼き芋を作ろう!

ほっくりと甘くておいしい「焼き芋」。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、ヘルシーフードとも呼ばれているんです。さつまいもはじっくりと火を通すことで、栄養や甘味もさらにアップするんですよ。 栄養豊富で濃厚な甘味のプロが作る本格的な「焼き芋」が、お家で作れたら嬉しいですよね!今回は家庭用のオーブンを使って、おいしく焼き上げる調理法をご紹介します。温度と時間を制して、気軽に挑戦してみてくださいね。

オーブンで本格「焼き芋」の作り方

Photo by TAMA39

温度や時間が細かく設定できるオーブンは、じつはとっても焼き芋作りに適した道具なんです。一度オーブンに入れれば、あとはセットしてボタンを押すだけで放置するだけ。

材料

Photo by TAMA39

・さつまいも(中) 1本 ・アルミホイル   適量 ・新聞紙      適量 ※新聞紙は、キッチンぺーパーでも代用可能です。

作り方

1. さつまいもをよく水洗いし、湿った新聞紙をピッタリと覆います。

Photo by TAMA39

2. その上からアルミホイルで隙間なくピッタリと包みます。

Photo by TAMA39

3. オーブンに入れ、余熱なしで160度で90分焼きます。

Photo by TAMA39

4. 焼き終わったら、そのまま10~15分ほど放置します。

Photo by TAMA39

5. 竹串を刺して、やわらかければできあがりです。

どんな味わい?

さつまいもの品種にもよりますが、ほっくりねっとりとした懐かしい甘さの焼き芋に仕上がります。新聞紙がなければ、キッチンペーパーを巻いてもOK!しっとりと蒸し焼きにした焼き芋は、プロが作ったかのような本格的な味わいです。

オーブンで焼き芋を作るコツ

温度設定と焼き時間

甘くておいしい焼き芋を作りたいときは、温度と時間がとても重要になります。160度の低温で90分ほどしっかりと長めに焼くことで、さつまいもに含まれるでんぷん質が甘みを感じる成分へと変わり、甘さがアップします。 高温で一気に焼くと、甘み成分が作られないまま火が通ってしまうので、注意しましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS