ライター : yurimomo

管理栄養士

管理栄養士として調理現場を経験後、献立作成や栄養指導にも携わる。 現在はフリーランスの管理栄養士として出張料理や記事執筆を行っています。

さつまいもに含まれる栄養素とは

糖質

糖質は100gあたり30.3g含まれています。 糖質とは炭水化物量から食物繊維の量を引いたもの。 たんぱく質、脂質と並ぶエネルギー源として利用される栄養素のひとつですが、たんぱく質や脂質と比べると分解、吸収が早くエネルギーとして使われるのが早いのが特徴です。(※1,2)

ビタミンC

ビタミンCは100gあたり25mg含まれています。 ビタミンCは体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに必要な栄養素です。コラーゲンの合成を助けることで、肌にハリをもたせたり、シミを予防する美容作用や、免疫力を高めて風邪をひきにくくする働きが期待できます。(※1,3)

食物繊維

不溶性食物繊維は100gあたり1.8g含まれています。 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、特にさつまいもには不溶性食物繊維のセルロースが多く含まれています。 不溶性食物繊維は、消化されずに大腸まで届き、腸内の水分を吸収して便の容量を増やします。便が増えると、腸のぜん動運動が盛んになり、排便がスムーズになります。(※1,4)

β-カロテン

β-カロテンは100gあたり40μg含まれています。 β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので「プロビタミンA」とも呼ばれています。β-カロテンは目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抗酸化作用を持っているので、有害な活性酸素を消去し、老化抑制の働きが期待できます。(※1,5)

ヤラピン

ヤラピンはさつまいも特有の成分で、生のさつまいもを切ったときにでる、白い液体の成分です。熱に対しても安定的で、加熱調理をしても変質しません。 このヤラピンには腸の働きを促進して便をやわらかくする働きがあります。(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS