ライター : 土田 綾乃

管理栄養士

「人との出会い、繋がり」を最も大切にしている旅好きな管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務をきっかけに、海外の方にもっと日本を知ってほしいと思うようになり、専門を和食、日本…もっとみる

緑黄色野菜の基準って?

緑黄色野菜というと「色の濃い野菜」のイメージが強いですよね。しかし実は色で分けられているのではなく、含まれている栄養素を基準に分類されているのです。

厚生労働省で定めた基準では、原則として可食部100g当たりカロテン含量が600µg以上のものを緑黄色野菜とするとあります。また、トマトやピーマンのなど一部の野菜はカロテン含量が600µg未満ですが、摂取量及び頻度等を考慮したうえで緑黄色野菜とされています。(※1)

緑黄色野菜にはどんなものがある?

にんじん

にんじんのオレンジ色はβ-カロテンという色素成分によるもの。にんじん100gあたりに含まれるβ-カロテンは8600µgで、野菜のなかでも特に多い数字です。β-カロテンには、抗酸化作用や、免疫力を高めるはたらきがあります。(※2,3)

かぼちゃ

かぼちゃには日本かぼちゃ、西洋かぼちゃがあり、現在流通しているものでは西洋かぼちゃが主流です。西洋かぼちゃはにんじんと同じく、β-カロテンが多い野菜。また西洋かぼちゃ100gあたり3.5gの食物繊維が含まれます。β-カロテンは免疫力を高め、食物繊維は、腸内環境を整えてくれますよ。(※2,3,4)

おくら

おくらのネバネバは水溶性食物繊維のペクチンによるもの。粘着性により胃の粘膜を守ったり、消化を助けたりします。さらに、糖質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑える作用がある栄養素です。そのため、血糖値が気になる方におすすめの野菜ですよ。(※5)

ブロッコリー

ブロッコリーには、100gあたり120mgのビタミンCが含まれます。15歳以上におけるビタミンCの摂取推奨量は一日あたり100mgなので、なんとブロッコリーを約84g食べれば一日に必要なビタミンCが摂れてしまいます!

ビタミンCには、毛細血管や歯などを正常に保つはたらきがあります。また、ストレスやかぜなどに対する抵抗力を高めますよ。(※2,6,7)

トマト

トマトは真っ赤な色が特徴的な野菜。この赤はリコピンという成分によるものです。リコピンは、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用を持っています。リコピンは油に溶けやすいため、調理の際、油を使用すると吸収力がアップしますよ。(※8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS