さつまいもを食べると期待できる効果は?

むくみ解消

むくみとは細胞と細胞の間に水分が溜ってしまうことです。 原因のひとつとして、塩分の摂りすぎがあります。塩分を取りすぎて、体内のナトリウムが多くなると、身体は体内の塩分濃度を調節するために余分な水分を溜め込んで、むくみやすくなります。 体の中ではナトリウムとカリウムがバランスを取り合って、血圧や水分を調節しているので、カリウムを摂ることで余分なナトリウムが尿として排泄され、むくみを解消してくれる働きがあります。(※7)

便秘解消

食物繊維とは人間の消化酵素で消化されない食物成分のことをいい、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あります。 不溶性食物繊維は便のかさを増やして腸の動きを刺激し、水溶性食物繊維は便に粘性を与える働きがあります。またヤラピンとの相乗効果で、腸の働きを整えて、より便秘解消作用が期待できます。(※4,6,8)

抗酸化作用

人間の身体は酸化すると、身体の老化や血管の老化が進んだり、シミやしわ肌荒れなどの肌のトラブルが起こったりします。さつまいもに含まれるビタミンCにはこの酸化を抑制する働きが期待できます。 熱に弱いとされているビタミンCですが、さつまいもの場合は調理の際にでんぷん質が糊化し、膜を作ってビタミンCを保護するため、加熱しても壊れにくいという長所がありますよ。(※3)

さつまいものおすすめの食べ方

皮も一緒に食べる

さつまいもの皮には抗酸化作用が期待できるポリフェノールや、ビタミンC、カルシウムが多く含まれています。(※1) またヤラピンは皮と実の間に多く含まれているので、皮をきれいに洗って皮ごと食べることでしっかり栄養素を摂取できるのでおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ