トースターで簡単に!「焼き芋」の作り方と絶品に仕上げるコツ

ほくほくの焼き芋を、トースターでお手軽に作ってみませんか?用意するのは、さつまいもとアルミホイルだけ!焼き時間や加熱温度など、おいしく仕上げるためのコツもしっかりとお教えします。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

トースターで焼き芋作り

秋の気配を感じる今日この頃。焼き芋が食べたくなる季節ですね。昔は近所で見かけた石焼き芋屋さんも、最近ではスーパーで売られるようになった影響か、あまり見かけなくなりました。

たとえ石焼き芋屋さんがいなくても、スーパーで気軽に食べられる焼き芋ですが、じつは簡単に「トースター」を使って、お家でできたての焼き芋を食べることができちゃうんです!ねっとりほくほくの絶品焼き芋を、お家で作ってみませんか?

トースターで簡単!焼き芋の作り方

トースターで作った焼き芋

Photo by TAMA39

トースターで作った焼き芋は、簡単なのにしっとりほくほくしていて、本格的な味わいを楽しむことができます。家族そろってみんなで食べる焼き芋は、いっそうおいしく食べられそうですね。

ねっとり派もほくほく派も大満足間違いなしの、トースターを使ったおいしい焼き芋の作り方をご紹介します。

材料

焼き芋作りに使うもの

Photo by TAMA39

・さつまいも(中) 1本
・アルミホイル   適量

作り方

1. さつまいもをしっかり洗って、アルミホイルで周りをぴたっと覆います。
アルミホイルに包まれたさつまいも

Photo by TAMA39

2. オーブントースターにさつまいもを入れたら、およそ800Wで10〜15分ほど焼きましょう。その後そのまましばらく置き、粗熱を取ったら裏面を向けて再度15分トースターで焼いてください!
トースターでさつまいもを焼いている様子

Photo by TAMA39

3. あとはさつまいもに串をさしてみて、食べられる柔らかさであれば出来上がりです。
焼き芋に竹串を刺している様子

Photo by TAMA39

※竹串を通したとき、硬いようならもう15分焼きます。(さつまいものサイズによります。)
完成した焼き芋

Photo by TAMA39

どんな味わい?

甘味を存分に引き出すために低温で時間をかけて焼いた焼き芋は、しっとり感とほくほく感のバランスがちょうどいい、優しい甘さの仕上がり。焦げ過ぎないように、均一に火が通るように返しながら焼くのがポイントです。

トースターで焼き芋を作るコツ

じっくりと時間をかけて焼く

さつまいもは低温で時間をかけて焼くことで、甘味が増します。60~70度に加熱されると、さつまいもの中のでんぷん質が変化して、甘味成分になるためです。高温になり過ぎないようにすることが、おいしさのポイント。

特集

SPECIAL CONTENTS