7. 春をおいしく保存♪ ふきのとうの塩オリーブオイル漬け

シンプルなオイル煮は、作り置きでアレンジ豊富な食材になります。冷凍なら10日程度、残りは保存用袋に入れて冷凍しておきましょう。 パスタや炒飯の具材にしたり、クリームチーズに混ぜておつまみにも。刻んでドレッシングにくわえれば、ひと味違ったサラダが楽しめますよ。

8. ふきのとうタルティーヌ

ふきのとうをゆでるときに重曹を使えば、短時間であく抜きができます。下処理したふきのとうを刻んで塩をもみ込み、ひたひたのオリーブ油で漬け込めばでき上がり! バゲットにクリームチーズをぬって、ふきのとうのオリーブ油漬けをトッピングすれば、レストランのオードブルみたい♪ ホームパーティーにもおすすめです。

9. 菜の花、ふきのとう、空豆で春のパエリア

ふきのとうや菜の花、空豆など春野菜満載の目にも鮮やかなパエリアはいかがでしょう。カレーの風味で、ふきのとうの苦味もスパイスに!旬の時期にしか味わえない、期間限定のパエリアです。スキレットのままテーブルに運んで、熱々を召し上がってください。

イタリアンに調理。ふきのとうの人気レシピ5選

10. ふきのとうとパンチェッタのリコッタチーズパスタ

ちょっとまろやかな味わいになる、クリームチーズ系のパスタです。お味噌も入っていますので、ミルキーななかでも少し味を引き締めてくれますよ。 彩りもよく、おもてなしに出してもよさそうです。

11. 春の香り♪ ふきのとうのリゾット

独特の香りや苦味などふきのとうの魅力をギュッと濃縮したレシピです。玄米を加えることで、食感や風味も楽しいリゾットはリストランテの味。 パルミジャーノを焦がして作ったガレットがおしゃれなプレートに格上げしてくれます。

12. さわやかなほろ苦さが決め手のふきのとうのペンネ

春の山菜ふきのとうに、旬の桜えびとあさりがベストマッチ! あさりと桜エビのコクや旨みがガーリックオイルに染み出して、春を満喫できるペンネに仕上がりました。 ふきのとうは調理直前まで水に漬けておくのがえぐみをとるポイントです。白ワインを添えて召し上がれ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ