【基本】ふろふき大根のレシピ。味噌たれ、ごまたれ、肉味噌でも!

昆布だしで優しく煮込んだ大根に、味噌たれをかけて楽しむ「ふろふき大根」のレシピ。今回は、しっかり下処理で本格的な味に仕上がる基本の作り方から、圧力鍋やレンジで作れる人気の簡単アレンジなど、ふろふき大根レシピをたっぷりとお届けします。

ふろふき大根の基本レシピ

基本となるふろふき大根

Photo by donguri

味噌たれまで手作りの、基本のふろふき大根レシピです。芯までやわらかくなるようにしっかりと煮込むので、作るのに時間がかかりますが、作業自体はとってもシンプル。

面取りや隠し包丁など、ひとつひとつ丁寧に下処理をおこなうと、プロのような本格的な味に仕上がりますよ。

材料(3~4人分)

ふろふき大根の材料

Photo by donguri

・大根(上の部分)……1/2本
・だし昆布……10cmほど1枚
・お米のとぎ汁……適量
・醤油……小さじ1杯

味噌たれ

・味噌……大さじ2杯
・砂糖……大さじ2杯
・みりん……大さじ1杯
・酒……大さじ1杯

大根の調理

1. 大根を切る

輪切りにした大根

Photo by donguri

大根を、3~4cmほどの厚みで輪切りにします。
皮をむいた大根

Photo by donguri

厚め(2mmくらい)に皮をむきます。表面から見て、繊維が変わっているところが目安です。こうすることで、口当たりのやわらかいふろふき大根に仕上がります。
面取りをした大根

Photo by donguri

裏表、両方とも面取りをします。面取りは煮崩れを防ぐだけでなく、美しい見た目になる効果がありますよ。
大根に隠し包丁を入れている様子

Photo by donguri

火の通りが良くなるように、隠し包丁をします。1/3くらいの高さまで、十字に切り込みを入れましょう。

2. 大根を下ゆでする

大根を火にかけている様子

Photo by donguri

大根とお米のとぎ汁を鍋に入れ、中火にかけます。とぎ汁は、大根をやわらかく、えぐみを取りながら下ゆでするために使います。
大根を茹でている様子

Photo by donguri

沸騰したら弱火にし、30分ほど下ゆでします。竹串がすっと通るまでになったら、OKです。

特集

SPECIAL CONTENTS