ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

きゃらぶきとは

Photo by 稲吉永恵

きゃらぶきとは、季節を告げる山菜「ふき」で作る、佃煮のような料理を言います。保存性の高い日本の伝統食のひとつです。

しょうゆで煮る佃煮のようなものを、きゃら色(=濃い茶色)から「きゃら煮」と言います。ふきをしょうゆや砂糖などで濃いめに味付けして作るきゃらぶきは、きゃら煮のなかでもポピュラー。ごはんのお供や箸休めにもってこいですよ。

きゃらぶきを作る季節は、ふきが出回る春の終わりから初夏にかけて。作られている地域は、愛知県や長野県など中部地方や奈良県や京都府など近畿地方が多いです。ほかにも千葉県や神奈川県、群馬県など、関東地方でも作られていますよ。

使うふきの種類

きゃらぶきは、山野に自生する山蕗(やまぶき)を使うことが多いです。北海道から東北地方にかけて自生する秋田ふきも、肉質が硬いため佃煮や砂糖漬けによく使われますよ。また、九州地方で出回る石蕗(つわぶき)でも、きゃらぶきを作れます。

どのふきもアクがあるため、アク抜きをすることが大切です。やまぶきできゃらぶきを作る際、煮崩れを防ぐためにふきの皮はむきませんが、太くて硬いものは少しむいても構いません。つわぶきは皮をむいて販売されるため、むかずに調理してOKです。

野菜ソムリエが教える。きゃらぶきの作り方

Photo by 稲吉永恵

調理時間:1時間(※アクを抜く時間を含みません)

ふきの風味豊かなきゃらぶきは、おうちでも簡単に作れます。日持ちするため、多めに作るのがおすすめ。ごはんによく合いアレンジできるので、日々の献立に重宝しますよ。ふきは、細いものを選ぶのがポイント。旬の季節に見かけたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(4人分)

Photo by 稲吉永恵

・ふき……400g
・しょうゆ……80cc
・酒……40cc
・みりん……70cc
・きび砂糖……大さじ2杯
・きび砂糖……大さじ1杯(後入れする分)

作り方

1. ふきを切る

Photo by 稲吉永恵

ふきの根元を切り落とします。

Photo by 稲吉永恵

5cm幅に切りそろえます。

2. ふきをゆでる

Photo by 稲吉永恵

大きな鍋にお湯を沸かし、沸騰したら1を入れます。

Photo by 稲吉永恵

5分ほどゆでたら、火を止めます。

Photo by 稲吉永恵

火を止めたら、そのまま1時間ほどおいてアク抜きをします。ふきがゆであがったときの水の色が濃い場合は、一旦ザルにあげて水を変えてさらします。

Photo by 稲吉永恵

アク抜きが終わったら、ザルにあげておきます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ