ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

春の香りとシャキシャキ感が絶品「ふきと油揚げの煮浸し」(調理時間:20分)

Photo by leiamama

ふきと油揚げの煮物は春の定番。ふきの香りとやさしい甘みの油揚げが、食卓に春を運んでくれます。あくぬきなどの下処理は意外と簡単。保存の仕方も含め、和食の基本をおさらいしましょう。

材料(4人分)

Photo by leiamama

・ふき(下処理済)……1束
・油揚げ……1/2枚

合わせだし

a. 酒……大さじ1杯
a. みりん……大さじ1杯
a. 薄口しょうゆ……大さじ1杯
a. 砂糖……大さじ1杯
a. だし汁……300cc(水300ccにだしパック1袋、あるいは和風だし大さじ1杯を入れたもの)

コツ・ポイント

ふきの下ごしらえのポイントは板ずり。板ずりをしたふきをゆで上げたあと、冷水にさらすことであの美しい翡翠(ひすい)色に仕上がります。

また、合わせだしに薄口しょうゆを使うと、色を損ないません。白だしもおすすめです。

ふきのあくぬき方法

1. 葉とくきの部分に切り分ける

Photo by leiamama

はじめに「葉」と「くき」を切り分けます。

2. 鍋の幅に長さを切りそろえる

Photo by leiamama

ゆでる鍋の幅に合わせ、くきの長さを決めて切りそろえます。できるだけ大きな鍋でゆでると、皮をむく本数が少なくてすみますよ。

特集

FEATURE CONTENTS