3. 煮る

Photo by 稲吉永恵

鍋にふきを入れて、調味料を入れます。

Photo by 稲吉永恵

中火にかけ、沸騰したら弱火にします。

Photo by 稲吉永恵

落とし蓋をして、30〜40分ほど弱火で煮ます。途中焦げないように、軽く混ぜてください。

Photo by 稲吉永恵

蓋を外して後入れ用のきび砂糖を入れ、さらに15分ほど煮詰めます。箸で混ぜると煮崩れするため、鍋を振って返します。焦げないように注意してください。

Photo by 稲吉永恵

煮汁がほとんどなくなったら火を止めてそのまま冷まし、できあがりです。

Photo by 稲吉永恵

お好みで白いりごまをふります。輪切り唐辛子や昆布、山椒の実を加えて煮ても、おいしいですよ。

きゃらぶきの保存方法

Photo by 稲吉永恵

きゃらぶきは、汁気がなくなるまでじっくり煮詰めたあとにしっかり冷ますと、日持ちします。保存容器に詰めて冷蔵庫に入れると、1ヶ月保存可能です。

より長く保存したい場合は、冷凍保存がおすすめ。小分けにしてラップに包んでからジッパー付き保存袋に入れ、できるだけ空気を抜いて封をします。冷凍庫で1〜2ヶ月保存できますよ。

簡単でおいしい。きゃらぶきのアレンジ3選

1. 止まらないおいしさ。きゃらぶきおにぎり

Photo by 稲吉永恵

調理時間:5分

甘辛いきゃらぶきは、ごはんのお供にぴったり。もちろんおにぎりの具材にしてもおいしいですよ。白いりごまと混ぜれば、香ばしさがアップし、もりもり食べられます。大葉を刻んで混ぜたり、ちりめんじゃこを加えたりしてもGOOD。

材料(1人分)

・ごはん……150g
・きゃらぶき……20g
・白いりごま……小さじ1杯

作り方

1. きゃらぶきは小さくカットする

2. ごはんにきゃらぶきと白いりごまを混ぜる

3. 半量ずつおにぎりにして、できあがり

2. ほどよくマッチ。きゃらぶき冷奴

Photo by 稲吉永恵

調理時間:5分

しっかり煮詰めたきゃらぶきは、調味料代わりにも使えます。口当たりのよい絹豆腐にのせれば、ふわっとふきの香りが漂い相性抜群。上品な味わいですよ。このまま食べてもおいしいですが、味が足りない場合はしょうゆをかけて召し上がってくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ