天ぷら以外も絶品!春の味覚「タラの芽」をもっと楽しむレシピ8選

4月から5月にかけては山菜を採りにピクニックにお出かけするのにいい季節です。また、近くに山がなくても最近はスーパーでも旬の採れたて山菜を売っていますよね!今回は山菜の中でも香りが高くて下処理も楽なタラの芽のレシピを集めました。

2019年4月3日 更新

タラの芽、理想はすぐに食べる!冷凍保存も

タラの芽は取ってすぐに食べるとほのかな苦みを楽しめます。しかし、冷蔵庫に入れると2-3日で苦みが強くなってしまいます。なるべく手に入ったらその日のうちに食べるのがおすすめです。

たくさん取れた場合は軽くゆでてバットなどに広げて冷凍します。冷凍後にジップロックなどに密閉するとひと月程度は保存できますよ!

1.タラの芽の天ぷら

タラの芽はとげがあるので下ごしらえには注意が必要です。でもトゲトゲに気を付けて料理をしたら、ちょっぴり苦みのある山菜独特の風味が楽しめます。

天ぷらはそのタラの芽の魅力が思いっきり楽しめるお料理の一つです。タラの芽の歯ごたえと苦みを楽しむために揚げすぎないようにしてくださいね!

2.たらの芽の米粉揚げ

米粉を使った揚げ物料理はさっくりと仕上がります。また、小麦粉のレシピと比べて脂もあまり吸わないので、たくさん召し上がれます。

タラの芽の揚げ物の場合天つゆよりも、お塩や抹茶塩などのほうが山菜独特の風味をより感じることができます。

3.たらの芽の白和え

タラの芽はさっとゆでるととても美しい緑色になります。にんじんやしいたけと合わせてシンプルな白和えにするのもおいしいです。

ほろ苦さがあるので、味付けは少し甘めにするのがおススメ!コクを加えたい場合はゴマペーストを加えてみてください。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう