ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

サクサク天ぷらの揚げ方

揚げたてサクサクのおいしい天ぷら。自宅で作るのはちょっと自信がない方はいませんか?ポイントを覚えてコツを掴めば、おうちでもサクサクの天ぷらを失敗せずに作れますよ。時間が経ってもべちゃっとならないように作りましょう! この記事では、上手な天ぷらの揚げ方をご紹介します。参考にして、よかったら試してみてくださいね。

失敗しない揚げ方3つのポイント

1. 衣はよく冷やす

天ぷらの衣は、よく冷やしてから揚げるようにしましょう。天ぷら衣の材料である小麦粉から「グルテン」という成分が出ると、粘り気のある衣になってしまいます。衣に使う水も、冷蔵庫で冷やしておくとベスト。 氷水を使う場合は直接でなく、氷水を入れたボウルに衣の入ったボウルを当ててあげる(ボウルを二重にして使う)と、冷蔵庫で冷やした水を使った衣と同じような衣になりますよ。

2. 少量ずつ揚げる

一度にたくさんの具材を油に入れてしまうと、油の温度が一気に下がります。そうすると衣の温度も下がり、結果的に水っぽい衣になってしまいます。油の温度を下げないように、少しずつ具材を入れるようにしましょう。

3. たっぷりの油の量で揚げる

油は量が多いほうと材料を入れたときに温度変化が少なく、温度も均一に行きわたります。少ない量の油だと温度が下がるのも早いです。一回に揚げる油の量は、鍋の1/2~1/3ほどにしましょう。 また、天ぷらは素材によって揚げる時間や温度調節の必要があります。根菜は160~170度、野菜や魚介は180度で揚げるのがベストですね。

油ハネを抑える方法

Photo by macaroni

バチバチっと油が飛んできて、火傷しそうになったことがある方も多いでしょう。油がはねる原因は、水分です。特に魚介類についている水分はよく拭き取ってから揚げましょう。エビの尻尾には水分がたまりやすいので、先端をカットして水を逃すのも油はね対策になりますね。 食材をカットするまな板や包丁も事前によく乾かして水分のついていないものを使うとよいですよ。上で説明したように、あらかじめ揚げる素材に薄く小麦粉を振っておくのも予防になります。

サクサクの衣を作る小ワザ

天ぷらをサクサクに揚げる、もっと簡単な方法があると便利ですが……そこで調べてみました!サクサクに揚げるコツをご紹介します。知っていて損はありません。ぜひ試してみてくださいね!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS