7. おいしさ一本釣り!とろ~りチーズのアジのなめろう焼き(さんが焼き)

Photo by macaroni

調理時間:30分
【材料(4個分)】
・あじ……3尾
・長ねぎ……1/3本
・しょうが……1片
・とろけるチーズ……40g
・大葉……4枚
・合わせみそ……大さじ1杯
・酒……小さじ1杯
・しょうゆ……小さじ1杯
・ごま油……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

千葉県民で知らない人はいないさんが焼きをちょっぴりリッチにアレンジ♪ 中にチーズを包み込んで作ってみました。ふわふわのさんが焼きをほおばると、中からはとろけるチーズが。香味のいい香りとアジの旨味もジュワっと広がりたまりません。イワシやサンマで作るものおすすめですよ。

8. 肉厚ジューシー!大葉タルタルがけ「マグロのレアカツ」

Photo by macaroni

調理時間:30分
【材料(2人分)】
・まぐろ(刺身用)……1柵(200g)
・塩こしょう……少々

a. 小麦粉……適量
a. 卵……1個分
a. 生パン粉(乾燥パン粉でも可)……適量
a. サラダ油(揚げ用)……適量
タルタルソース
b. ゆで卵……1個
b. 大葉……1枚
b. レモン果汁……小さじ1杯
b. マヨネーズ……大さじ1杯
b. 塩こしょう……少々

出典: macaro-ni.jp

絶妙なレア加減が食欲をそそるこちらのレシピ。大きなマグロのサクを贅沢にまるごとカツにして、たっぷりのタルタルソースでいただきます。カツに合わせるのはさわやかな風味ただよう大葉入りのタルタルソース。しつこくなりすぎず、揚げ物なのにさっぱりと食べられますよ♪ サクを使えば誰でも簡単にレアに作れる、テクいらずのひと品です。

9. 【缶詰レシピ】旨みたっぷり。イワシ缶で作る簡単つみれ汁

Photo by macaroni

調理時間:20分
【材料(2~3人分)】
・いわし醤油煮缶……1缶(100g)
a.長ねぎ……1/3本
a.片栗粉……大さじ2杯
a.しょうが(すりおろし)……小さじ1杯
・にんじん……1/4本(40g)
・大根……4cm(100g)
・しめじ……30g
・水……600cc
・だしの素……小さじ1/2杯
・缶の残り汁……1缶分
・酒……大さじ1杯
・塩……少々

出典: macaro-ni.jp

つみれをイチから作るのはどうも面倒、そんなときは缶詰を使うのがおすすめ!味付きのイワシ缶にしょうがや長ネギを混ぜ合わせ、成形したら完成です。たっぷりの根菜と一緒に煮込めば旨味たっぷり、ホッとするようなつみれ汁になりますよ。缶詰を使うことで気になる臭みもなく仕上がるので、お魚嫌いの方でも食べやすいひと品です。

10. ソースが決め手!鮭ときのこのクリームパスタ

Photo by macaroni

調理時間:20分
【材料(2人分)】
・スパゲッティ(1.6mm)……180g
・塩(茹で用)……適量
・甘鮭(切り身)……2切れ(200g)
・しめじ……1パック(100g)
・アスパラガス……4本
・オリーブオイル……大さじ1杯
・牛乳……150cc
・生クリーム……100cc
・塩こしょう……少々

出典: macaro-ni.jp

鮭としめじの旨味がたまらない、クリームパスタのレシピです。生クリームを使った濃厚なソースには鮭としめじの旨味が混ざり合い文句なしのおいしさ。やさしい塩気も食欲をそそります。パスタをゆでている時間で作れるお手軽ソースなので、チャチャっと作りたいときにおすすめです♪

春が旬のお魚レシピ10選

11. 爽やかな酸味!鯛の柑橘カルパッチョ

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(2~3人分)】
・鯛刺身……1柵
・グレープフルーツ(ルビー)……1個
・新玉ねぎ……1/4個
・ベビーリーフ……適量
カルパッチョソース
a. オリーブオイル……大さじ3杯
a. しょうゆ……小さじ1杯
a. 塩……少々
a. Jiyona(金柑味)……大さじ2杯
トッピング
b. ピンクペッパー(ホール)……適量
b. ディル……適量

出典: macaro-ni.jp

白とオレンジのコントラストがとってもおしゃれ♪ さわやかな酸味が春にピッタリのひと品です。あまり見ない組み合わせですが、鯛のさっぱりとした旨味とグレープフルーツの甘みは相性ばつぐん。ピンクペッパーがいいアクセントになり、おかずともよく合います。白ワインや洋酒のお供にもどうぞ。

12. 簡単和えるだけ!ゴマと大葉香るトマトシラスポン酢

Photo by macaroni

調理時間:5分
【材料】
・トマト……2個
・しらす干し……80g
・大葉……2枚
・ポン酢……大さじ1杯
・ごま油……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

トマトの酸味、シラスの塩気と旨味、大葉の香りが一体になってひと口食べるとお箸が止まらない!ご飯にもおつまみにも、冷ややっこや素麺にのせて食べるのもおすすめです。和えるだけの絶品料理は覚えておくといろんなシーンで大活躍♪ 冷蔵庫にトマトとシラスがあったらぜひ作ってみてください。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS