37. あと引くおいしさ!カツオのスタミナ竜田揚げ

Photo by macaroni

調理時間:50分
【材料(2~3人分)】
・かつお(刺身用)……200g
a. 酒……大さじ1杯
a. みりん……大さじ1杯
a. しょうゆ……大さじ2杯
a. しょうが(すりおろし)……小さじ1杯
a. にんにく(すりおろし)……小さじ1杯
a. ごま油……大さじ1/2杯
・にんにく……1片
・片栗粉……適量
・サラダ油……適量

出典: macaro-ni.jp

ニンニクの香りを移した油で揚げることで、風味豊かに仕上げたカツオの竜田揚げです。口に運ぶとほどよいニンニクの風味が広がり食欲が刺激されること間違いなし。脂ののったカツオの旨味もジュワっと広がる、おかずにもおつまみにもピッタリのひと品です。じっくり揚げると香ばしく作れるので、ぜひ試してみてください。

38. ホッケとルッコラの混ぜご飯

焼き物が定番のホッケですが、身をほぐして混ぜご飯にアレンジするのもおすすめ。適度な塩味のついた干物を使えば、味付けの手間もいりません。色どりにルッコラを加えることで見た目も華やかな仕上がりに。濃縮されたホッケの旨味がご飯を進めてくれるひと品です。

39. ふっくら香ばし!焼きサンマの炊き込みごはん

Photo by macaroni

調理時間:45分
【材料(3~4人分)】
・米……2合
・さんま……2尾
・しめじ……1パック(100g)
・しょうが……2片
・水……400cc
・白だし……大さじ2と1/2杯
・塩……少々
・薄口しょうゆ……大さじ1杯
トッピング
a. すだち……1個
a. 三つ葉……適量

出典: macaro-ni.jp

脂がのったサンマの塩焼きは白いご飯によく合いますよね。それならば炊き込みご飯にしてもおいしくないわけがない!一緒に炊き込むことでご飯にもサンマの旨味が染み込んだ、絶品レシピをご紹介します。サンマは最初に焼いておくと香ばしさもプラスされておいしさアップ。秋の味覚、しめじも入れて秋の味覚をギュッと閉じ込めましょう♪ 食べるときはすだちをのせてめしあがれ。

40. ウナギちらし寿司

夏が旬と思われがちですが、天然のウナギは秋から冬にかけて旬を迎えます。そんなウナギを使ったちらし寿司はパーティーやおもてなしにもピッタリ。甘辛なタレとふっくら香ばしいウナギのおいしさはもちろんのこと、さっぱりした酢飯との相性もばつぐんです。キュウリに大葉、錦糸たまごと色どりも豊かで、食卓がパッと華やぎますよ。

冬が旬のお魚レシピ10選

41. ヒラメの蜂蜜山椒カルパッチョ

蜂蜜を使って甘めの味付けにしたカルパッチョに粉山椒でアクセントを。甘いのにピリッとした刺激が広がる、新感覚のカルパッチョのレシピです。身の締まったヒラメの歯ごたえもしっかりと楽しめ、生ならではの甘みも堪能できますよ。辛いのがお好みの方は山椒を多めに、苦手な方は少なめにアレンジしてみてください。

42. レンジでつくる。しっとりカレイの煮付け

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(2人分)】
・かれい……2切れ
・ほうれん草……3株(80g)
合わせ調味料
a. しょうが(すりおろし)……小さじ1杯
a. 砂糖……小さじ2杯
a. 酒……大さじ3杯
a. みりん……大さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

カレイの煮付けは電子レンジでできちゃうんです!予熱で火を通すため、よくある身がパサついてしまうという失敗はありません。味もしっかり染み込んでご飯も進むひと品です。煮崩れやパサつきで失敗経験がある方は、ぜひ一度お試しあれ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS