塩鮭の正しい塩抜きの方法4つおすすめレシピ

塩鮭を買ってきたのはいいものの、思っていたよりしょっぱいこともありますよね。そんなときは塩抜き!ですが、正しい塩抜きの方法をご存知でしょうか?今回は旨味をアップさせつつ、余分な塩気を抜く方法をばっちりお伝えしちゃいますよ。

2018年12月4日 更新

塩鮭、塩抜きしたい!

スーパーで買った鮭の切り身が思ったよりも塩辛くて、調理に困ったことはありませんか?そのまま焼いて食べるのもちょっとツラい……というほどに塩辛い場合は、塩抜きしてから調理すると食べやすくなります。

今回は、正しい鮭の塩抜きの仕方とおいしい調理方法をご紹介します。

一般的な塩鮭の塩抜き法「迎え塩」

塩辛すぎて食べにくい鮭は、薄目に作った塩水に浸し、ちょうどいい塩加減に調節することができます。これを「迎え塩」といいます。

真水に浸したほうが早く塩気が抜けそうにも思えますが、真水と塩鮭では塩分濃度の差が大きすぎるため、塩鮭が真水を吸い込んでしまい、塩分と一緒にせっかくの旨味も抜けて、水っぽくなってしまいます。薄い塩水に浸すと両方の水分量を一定にしようとする作用が働くため、適度な塩分を残しつつ、余分な塩気を抜くことができるのです。

迎え塩の方法は、鮭の塩加減にもよりますが、濃度1~1.5%くらいの塩水(水3カップに塩小さじ1と1/2杯)に4~5時間程度浸しておけばOKです。旨味を逃がさずにゆっくりと塩分を抜くには、濃すぎず薄すぎずの濃度が大切です。

冷凍鮭は解凍してから

冷凍されている鮭を塩抜きする場合は、解凍してから迎え塩をすると、味を損ないにくいです。

鮭の切り身の解凍は、自然解凍が基本です。冷凍庫から出した鮭を冷蔵庫に移してゆっくりと自然解凍すれば、味を落とさずに解凍できます。

また、凍っている鮭をビニール袋や密封袋に入れて、桶などに氷を入れ、氷の上に袋を乗せて、袋の上から流水をかけて解凍すると、旨みが流れることなく自然解凍よりも早く解凍することができます。

旨みが逃げない塩鮭の塩抜き法

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう