鶏肉ミンチのレシピ20選!ハンバーグからそぼろまでアレンジし放題♪

鶏肉ミンチは豚や牛と比べてミンチの食感が独特です。お口の中でポロポロッとおいしいそぼろや、つなぎを使ってでジューシーに仕上げるハンバーグなど調理法によってさまざまな食感が楽しめます。ハンバーグ・つくね・そぼろやその他のレシピを紹介します。

2018年10月25日 更新

ライター : 発酵食健康アドバイザー / 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザ / 発酵文化人

東広島在住、発酵食健康アドバイザー及び、発酵文化人の資格保有。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろ…もっとみる

鶏肉ミンチで作るハンバーグレシピ5選

1. 鶏ミンチとおからのハンバーグ

鶏ミンチとおからを使ったハンバーグです。こちらのハンバーグでは、約半量におからを使っていますが、蒸し焼きにすることでしっとりとした食感が得られます。大根おろしとポン酢でさっぱりといただいてください。カロリーが気になる方でも満足感を得られるハンバーグです。

2. 里芋入りで柔らか!鶏ハンバーグ

鶏ミンチのハンバーグのタネに里芋をつなぎに使っています。里芋独特のねっとり滑らかな舌触りがありますので、鶏ミンチのぽそっとした食感をカバーしてくれます。また、ほんのり甘い醤油味で食べやすくなっています。冷めてもおいしく食べられるので、お弁当にもおすすめですよ!

3. プチプチキヌア入りハンバーグ

ハンバーグにお湯で戻したキヌアを練りこんでいます。プチプチ食感が楽しめるキヌアですが、栄養が豊富なのが特徴です。キヌアだけを召し上がるよりも、ハンバーグに入れると食べやすくなり、たくさん食べることができますよ!

4. ポリ袋&ワンパンでできる鶏ひじきバーグ

鶏ミンチを使ったハンバーグは和風の食材ともよく合います。こちらのレシピでは、ひじきを混ぜ込んでいます。大きく焼きあがったハンバーグは切り分けて食べてくださいね!洗い物を少なくしたい人はポリ袋で作成!全ての材料を投入し、良く練ったタネをフライパンに広げて焼くだけですのでおためしあれ♪

5. チキンに見えない!ゴージャスバーグ

こちらのハンバーグ、見た目が通常のビーフやひき肉で作ったハンバーグそっくりです。鶏ミンチのタネには、タマネギ・ニンジン・セロリなどたっぷりの野菜が入っており、セロリや野菜が苦手なお子さまも知らず知らずのうちにおいしく食べていただけます。

鶏肉ミンチで作るつくねレシピ5選

6. 鶏つくね鍋

昆布をベースに塩としょうゆ味だけのだしを使ったシンプルな味付けの鍋です。鶏ミンチの味付けにしょうがと柚子胡椒を混ぜ、ピリッとした味付けがアクセントになりますよ!だしがシンプルなので飽きることがなく、鶏から出るうまみが加わることでスープ自体をおいしくいただくことができます。

特集

FEATURE CONTENTS