オーブンなら本格ハンバーグが簡単に作れる!時間と温度はどのくらい?

オーブンを使ったハンバーグのレシピをご紹介します。オーブンの時間や温度、焼き方を覚えてしまえば焼き時間のむずかしいハンバーグもふっくらと本格的に仕上げることができるんです!成型なしで作る時短レシピや包み焼きなどのアレンジも必見。一度にたくさん作れる点もおすすめポイントですよ♪

2019年11月6日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ハンバーグをオーブンで焼くメリットは?

フライパンを使ってハンバーグを焼く際、悩んだことはありませんか?焼き具合を見ながら、箸や竹串などで何度も刺した結果、肉汁がもれ出てパサパサになってしまったり、表面は焦げているのに中は生焼け、なんて経験をしたことがある方もいるのでは……。 しかし、オーブンを上手に使うことで、ふっくらジューシーなおいしいハンバーグに仕上げることができます。また、オーブンで一度焼いてみれば、次に作るときも同じ温度と時間を設定できるので、いつでも同じハンバーグを食べられる点もメリット。火元を確認しなくてもいいので、ほかの調理や家事ができてしまうのも嬉しいですよね。

オーブンの温度・時間はどれくらい?

オーブンを使ってハンバーグを焼く場合、オーブンの温度を何度くらいに設定すればよいのでしょうか。焼きすぎてしまったり、焼きムラを防いだりするためにも、温度設定には気を配りましょう。

200℃の予熱で10分を目安に

温度は、200℃に予熱したオーブンで10分を目安にしてください。ハンバーグをほどよく温めるように焼くことが、ふっくらとジューシーに焼き上げるコツです。また、ハンバーグの厚さが同じであれば、大きさが異なっていても、ムラなく焼くことができますよ。 オーブンにより、温度や焼き時間には違いが出ることがあります。家のオーブンのくせを知っておき、加熱が足りなければ調整してください。

パサパサな仕上がりを防ぐコツ

オーブンで長く焼きすぎると、パサパサになってしまうことがあります。初めてオーブンで焼くときは様子を見ながら調理してください。 また、色やねばつきが変わるまでしっかりと肉をこねておくのもジューシーな仕上がりになるポイントです。

オーブンのみで焼く基本のハンバーグレシピ

オーブンで焼くハンバーグは、天板にクッキングシートやアルミホイルをしき、成形したタネを並べて焼くだけ。付け合わせの野菜があれば、それも一緒に並べてしまいましょう。一度にたくさん作ることができるので、作り置きにもぴったりです!
▼ハンバーグのタネ作りの参考に!

時短!オーブンのみで焼く成形いらずハンバーグ

時間がかかるし、手がベタベタになる。ハンバーグは大好きだけど、タネづくりがおっくうに感じるという方も多いのではないでしょうか?成形しないハンバーグは、フライパンでは焼きムラができてしまう場合もありますが、オーブンならしっかりと肉をこねればジューシーな焼き上がりに!そのまま食卓に出しても華やかです。

特集

FEATURE CONTENTS