5. 焼き豆腐

煮崩れしにくい焼き豆腐も、すき焼きの定番食材ですね。煮汁が甘く、くどくなりがちなすき焼きも、豆腐が加わるとさっぱりいただくことができます。木綿豆腐を水切りし、フライパンで焼き目を付ければ簡単に手作りできますよ。

調理方法
縦に切ってから、1.5cm幅に切ります。水切りの必要はありません。割り下を入れたあと、ほかの食材とともにそのまま鍋に入れてください。

春菊の代わりも。すき焼きにおすすめの野菜具材7選

6. 白菜

白菜もすき焼きの定番具材ですよね。肉をたくさん食べたいけれど、野菜も食べたい!そんな方にもってこいの具材です。すき焼きの煮汁をよく吸った、白菜はとろとろになります。煮込んだ白菜は最高のおいしさですよ。

調理方法
葉と白い部分に分け、葉はざく切り、白い部分はそぎ切りにします。白菜は生のまま使ってもよいですが、水分が出てくるので、最初に入れて味を調節しましょう。

7. もやし

節約レシピの定番食材、もやしもすき焼きに加えてみましょう。甘辛いたれで煮込んだもやしは、やみつきになること間違いありません!旨みのある牛肉に、たっぷりのもやしを巻いていただきましょう。

調理方法
もやしのひげ根を取り除きます。ひげ根を取るともやしの臭みが消え、口当たりも良くなりますよ。もやしは加熱すると水気が出るので、加熱したあとに味見をし、調整するようにしましょう。

8. 玉ねぎ

すき焼きの甘辛い割り下をたっぷり吸った玉ねぎは絶品です。薄切りにしさっと火を通すのもよし、厚めにカットしトロトロに煮込むのもよし!ねぎとは違った味わいを楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。

調理方法
玉ねぎは皮をむき、ざく切り、輪切りなど好みの形に切ります。さっと加熱する、じっくり煮込む、どちらでもおいしく食べれますよ。

9. トマト

トマトもすき焼きにぴったりの食材です。加熱されたトマトの甘みとすき焼きのたれは相性抜群ですよ。トマトをたっぷり入れたすき焼きのシメはうどんではなく、パスタやリゾットなど洋風に仕上がるのがおすすめです。

調理方法
トマトをざく切り、もしくは輪切りにします。トマトは長い時間加熱すると煮崩れしてしまうため食べる直前に加え、さっと火を通して食べましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ