【基本】すき焼きの作り方!おすすめの食材やリメイクレシピなど

関東と関西で作り方が違う「すき焼き」。今回は、関東風の作り方を中心に、おすすめの具材や人気のシメ、2日目に食べたいリメイクレシピなどを、まとめてご紹介します。この記事を読み終わるころには、あなたもすき焼きマスター!

すき焼きをおうちで作ろう♪

すき焼きは、特別な日に食べたいご馳走料理。豚肉文化圏である関東では、高価な牛肉を使ったお料理は日常的ではなく、誕生日や入学式など記念日にいただくことが多いですね。肉料理は明治以降に一般的になりましたが、関東ではすき焼きの元祖「牛鍋」が広まりました。

「関西風」と「関東風」すき焼き

関西風のすき焼きは、先に牛肉を鍋で焼くことがポイント。肉に焼き色がついてから、しょうゆや砂糖で味付けをしていきます。一度焼いてから煮込むことで、香ばしい香りが生まれ、お肉の味を存分に楽しむことができますよ。

一方の関東風は、砂糖やしょうゆ、だし汁などで作る「割り下」を作り、お肉と野菜を一緒に煮込んで鍋のように作ります。

割り下を使ったすき焼きのレシピ

黒の鍋に赤いお肉が入った関東風のすき焼き

Photo by shucyan

まずは、割り下を使用する「関東風」のレシピをご紹介します。熱した鍋に割り下を入れて、お肉や野菜、お豆腐などを一緒に煮込む牛鍋式。関東風の、甘辛い濃いめの味付けがポイントですよ。

材料(2人分)

保存容器などに入ったすき焼きの材料

Photo by shucyan

・牛肉……200g
・焼き豆腐……1丁
・白菜……2〜3枚
・白ネギ……1本
・春菊……4〜5本
・椎茸……2個
・糸こんにゃく……ひとつかみ
・卵……2個
・だし用昆布……1枚
・水(昆布だし用)……3カップ

割り下

・濃口醤油……150cc
・みりん……100cc
・砂糖……大さじ3杯
・酒……50cc
・昆布水……1/2カップ

下ごしらえ

1. 昆布を水に浸ける

昆布をボウルに入れて、水を注いだら1〜2時間置いてください。朝にセットして、日中そのまま置いていてもOK。

2. 牛肉は室温に戻しておく

脂の口溶けをよくするために、焼き始める30分以上前に冷蔵庫から出しておきましょう。お肉は常温に戻しておくことで、火の通りをよくします。冷たいものを使ってしまうと火の通りに時間がかかってしまい、部分的に硬くなってしまうことも。

3. ほかの具材も必要な場合は下ごしらえしておく

しらたきを入れる場合は、特有の生臭さを抜くために、したゆでして水気を切っておきましょう。ニンジンなどの硬い野菜を入れる場合は、やわらかくなるのに時間がかかり、ほかの野菜がクタクタになってしまうことがあるので、したゆでしておきましょう。

割り下を作る

1. お酒とみりんを煮立て、アルコール分を飛ばす

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう