とろける食感!すき焼きに合う肉の部位&選び方

人気の鍋のひとつ、「すき焼き」。これからの季節は食卓に登場する回数も増えるはず。そんなすき焼きの肉にはどのような部位を使えばよいのでしょうか?使用する肉について、部位による味の違いや特徴、おいしい肉の選び方などを徹底的にお教えします。

すき焼きにするとおいしい肉はどこの部分?

甘辛な味が肉や野菜に染み込んだすき焼き。子供から大人まで人気のちょっと贅沢なメニューですよね。ちょっと大きめのお肉が嬉しいすき焼きですが、みなさんはすき焼きの肉にどの部位を使っていますか?

よりおいしいすき焼きが食べたいなら、牛肉のどの部位を使ったらよいか、部位の特徴も含めてご紹介します。

すき焼きに合う肉質って?

好みにもよりますが、ほどよく脂肪がついている霜降りの肉の方がすき焼きに適しています。脂肪の少ない部位は、火を通すと固くなってしまう特徴があるため、肉を割り下で煮込むすき焼きには脂身の多い部位の方がおすすめなんですよ。

部分別すき焼き肉の特徴まとめ

おすすめの部位は主に、バラ肉やリブロース、肩ロースなど。お肉の特徴がわかると、お好みの部位で作れますよ。

バラ肉の特徴

肋骨周りのお肉のことを、バラ肉と呼びます。バラ肉は他の部位よりも繊維が多く、きめが粗いのが特徴ですが、そのぶん他の部位よりお手頃なこともあるので、うまく活用したい部位です。

濃い味わいのバラ肉は、すき焼きすると脂肪の部分がトロリとするのも特徴。煮込みすぎると固くなりがちですが、ちょうどよく煮ると旨味が出汁に溶け出し、おいしいすき焼きになりますよ。

リブロースの特徴

高級な印象があるリブロースは厚みのあるロースです。きめ細やかな肉質で霜が降ったお肉は、牛肉の中でも特に上等でしょう。肉本来の風味や旨味を楽しめる部位とも言えますね。

すき焼きにすると、霜降り部分の脂が出汁に溶け出し、肉質は柔らかなまま煮ることができるので、味も食感も高級な味わいを感じる方が多いと思います。

肩ロースの特徴

肩から背中にかかる部分にある肩ロースは、脂肪が多めで、霜降りのおいしい赤身肉です。

きめ細かな肉質の為、薄切り肉として食べるにも適した部位です。食感は柔らく、肉の風味も濃厚。すき焼きにした肩ロースは、肉のおいしさを楽しめる部位といえるでしょう。
▼気になる部位のカロリー情報はこちらから

おいしいお肉の選び方

すき焼きにするには前述のとおり、霜降りの物、または適度に脂肪を含む肉がおすすめ。はっきりとした白い脂肪が目立つ肉は新鮮です。脂肪部分がパサついていると、十分な旨味が出ません。脂肪の状態もよく見て選びましょう。

赤身の色は薄い赤色がよく、変色して茶色くなっているものは鮮度が落ちています。パックに入っているものの中には部分的に傷んでしまっているものもあるので、その点も注意して見てみると良いと思います。

もし、どの肉がよいかわからないときは、お肉屋さんに聞いてみるのが間違いのない方法です。すき焼きにする旨を伝えると、一番適した肉を勧めてくれますよ。

しゃぶしゃぶ用のお肉はOK?

どちらも薄切りとして売られている「しゃぶしゃぶ用」と「すき焼き用」の肉。しゃぶしゃぶ用の肉でも、おいしくできますよ。

どちらも薄切り肉なのになぜ、すき焼き用としゃぶしゃぶ用、それぞれ別の表記で売られているのか気になりますよね?しゃぶしゃぶ用の肉は熱湯にくぐらせると、すぐに火が通るように基本的にはすき焼き用よりもやや薄めの薄切り肉です。

より、かみごたえのある食感を好むのであれば、すき焼き用がおすすめですが、しゃぶしゃぶ用で、すき焼きを作っても問題ありません。

お肉を柔らかくしたいときは

リーズナブルなお値段で買ったお肉でも、お値段以上の味に仕上げたいですよね。そんな時はココナッツミルクを使う方法がおすすめです。

ココナッツミルクと無糖練乳を肉に揉み込み、冷蔵庫で30分寝かせます。牛肉200gに対しココナッツミルクを大さじ2杯程度が目安です。寝かせた後は通常の肉と同様に使用してください。

ココナッツミルクが肉にしみ込み保水性がアップするため、肉が柔らかくしっとりとなるんだそうですよ。ココナッツミルクが手に入らない時は、生クリームでも代用できます。
▼しらたきは危険なの?お肉をおいしく食べるコツがわかる情報はこちら

特集

SPECIAL CONTENTS