ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

悩んだらこれ。豆腐の人気「副菜」レシピ6選

1.【絹豆腐】ささっと。豆腐とわかめのチョレギサラダ

Photo by macaroni

調理時間:15分
材料(2人分)
・乾燥わかめ……大さじ1杯
・絹豆腐……150g
・長ねぎ……20g
・豆苗……1パック
・きゅうり……1/2本
a. 砂糖……小さじ1/2杯
a. 酢……小さじ1杯
a.しょうゆ……小さじ2杯
a. 鶏ガラスープの素……小さじ1杯
a. にんにく(すりおろし)……小さじ1/2杯
a. ごま油……大さじ2杯

〈トッピング〉
・白いりごま……適量
・韓国海苔……適量

出典: macaro-ni.jp

材料を混ぜ合わせるだけの、簡単豆腐サラダ。豆腐のほかにはわかめ、きゅうり、豆苗をたっぷり使います。豆腐だけでは出せない、シャキシャキ食感が魅力です。味付けは鶏ガラスープの素とごま油。サラダだけどごはんが欲しくなる味わいです。

ラー油やコチュジャンなどを使って、たれをアレンジするのもあり。豆腐は、最後に崩しながらのせましょう。簡単に、手間なく作れるので、リピート間違いなしの副菜です。

2.【絹豆腐】ふわとろ食感。和風あんかけ豆腐

Photo by macaroni

調理時間:15分
材料(1〜2人分)
・絹豆腐……300g
・だし汁……150cc(だしの素:小さじ1/3杯、水:150cc)
a. 酒……大さじ1杯
a. みりん……大さじ1杯
a. しょうゆ……大さじ1杯
・水溶き片栗粉……小さじ2杯(片栗粉:小さじ1杯、水:小さじ2杯)

出典: macaro-ni.jp

とろとろの和風あんかけを、温かい豆腐にかける、ほっこりした口当たりのひと品です。あんかけはシンプルに、だし汁としょうゆ、酒、みりんで調味。豆腐は崩れないよう、塩でゆでましょう。

豆腐とあんかけのつるっと美しい光沢で、品のある雰囲気に仕上がります。豆腐のふんわり食感ととろとろ和風あんが、口の中で見事にマリアージュ。もうひと品というときはもちろん、酒のあてにも作れる時短レシピです。

3.【木綿豆腐】野菜たっぷり。炒り豆腐

Photo by macaroni

調理時間:20分(※豆腐を水切りする時間は含みません。)
材料(2人分)
・木綿豆腐……300g
・鶏ひき肉……100g
・にんじん……1/3本
・しいたけ……2枚
・いんげん……3本
・卵……1個
・ごま油……大さじ1杯
a. だし汁……100cc(水:100cc、だしの素:1/2杯)
a. みりん……大さじ2杯
a. 砂糖……小さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

少し硬い、木綿豆腐を使う炒り豆腐。鶏ひき肉や色とりどりの野菜の旨味が味わえるひと品です。おつまみにするのもよし、ごはんの上にのせて丼ぶりにしてもよし。味付けは、だし汁と和風調味料を使用。誰が食べてもおいしい、やさしい味に仕上がりますよ。

おいしく作るコツは、豆腐の水気をしっかり飛ばして、パラパラに仕上げること。鶏もも肉やしいたけ、ちくわなどを入れてアレンジも可能です。

4.【木綿豆腐】もちプチ食感。コーンの洋風がんもどき

Photo by macaroni

調理時間:20分
材料(2〜3人分)
・木綿豆腐……300g
・コーン缶……1缶(85g)
・長芋……50g
・ベーコン(ハーフ)……4枚
・パセリ……小さじ2杯
a. 鶏ガラスープの素……小さじ1杯
a. 塩……少々
a. こしょう……少々
a. 片栗粉……大さじ4杯
・サラダ油……適量

出典: macaro-ni.jp

噛むたびにプチプチ弾ける食感が魅力の、洋風がんもどき。豆腐と長芋を使うので、見た目以上にもちもちで食べ応えがありますよ。味付けには鶏ガラスープの素と塩こしょう、そして塩気たっぷりのベーコンを使用。

あっさりしがちな豆腐料理に、コクを与えてくれます。普段のおかずにはもちろん、お弁当おかずやおつまみにもおすすめ!幅広いシーンで楽しめる豆腐料理です。

5.【絹豆腐】彩り最高!だし巻き卵の豆苗あんかけ

Photo by macaroni

調理時間:20分
材料(2人分)
・絹豆腐……100g
・卵……3個
・だしの素……小さじ1/2杯
・しょうゆ……小さじ1杯
・サラダ油……適量
・豆苗……50g
・水……300cc
a. だしの素……小さじ1杯
a. 塩……少々
a. しょうゆ……小さじ2杯
a.みりん……小さじ2杯
a. 酒……大さじ1杯
・水溶き片栗粉……(水:大さじ1杯、片栗粉:小さじ1杯)

出典: macaro-ni.jp

卵と豆腐を混ぜて作るだし巻き卵。豆腐を入れると、通常のだし巻き卵とは比べものにならないほど、ふわふわの食感になります。豆腐と卵はなめらかになるまで混ぜてから焼くのが、上手に作るコツです。

豆腐は絹でも木綿でも、同じような食感になるのでお好みで試してみてください。仕上げに豆苗のあんかけをかければ、彩りが美しいひと品が完成です。やさしいしょうゆ味が、体に染み渡ります。

6.【木綿豆腐】皮なし。豆腐と豆苗の鮭しゅうまい

Photo by macaroni

調理時間:15分
材料(2〜4人分)
・木綿豆腐……400g
・豆苗……1袋
・玉ねぎ……1/4個
・鮭フレーク……50g
a. 塩こしょう……少々
a. 片栗粉……大さじ2杯
a. マヨネーズ……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

豆腐と鮭フレークをたねにする、ユニークなしゅうまいのレシピ。豆腐のやさしくさっぱりとした味に、独特の濃厚さをもつ鮭フレークの塩味が引き立ちます。しゅうまいの皮の代わりに、豆苗を使用。たねにまぶし付ければ、シャキシャキ感がたまらないひと品に。蒸し器も不要。レンジ調理で簡単に作れますよ。

皮と蒸し器がなくても、ごはんや酒にぴったりなしゅうまいが献立の仲間入り。たった15分なので、忙しい日のメニューにいかがですか?
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ