生野菜の代わりになる? 野菜ジュースの栄養価と効果的な飲み方

手軽に飲める野菜ジュースですが、生野菜と比べて栄養価はどれくらいなのでしょうか? もし生野菜と同じくらいの栄養があるのなら、積極的に摂取したいですよね!この記事では、野菜ジュースの栄養価や効果的な飲み方、ダイエット中の摂取で気をつけたいことなどをまとめてみました。

2019年10月10日 更新

ダイエット中に野菜ジュースは飲んでいい?

野菜ジュースのカロリーと糖質

ダイエット中に摂取するもので気になることといえば、やはりカロリーや糖質量ですよね。商品によって大きく変わることが前提ですが、一般的な野菜ジュースは1杯(200ml)あたりカロリーが50kcal、糖質量が11.2gです。(※6)

糖質量は、炭水化物量から食物繊維量を引いた数値で算出しています。

砂糖や食塩が添加されていないものを選ぶ

野菜ジュースのカロリーは、使う野菜だけでなく砂糖を添加しているかどうかでも大きく変わってきます。また、塩分がプラスされたものだと、むくみの原因になってしまうことも。できるだけ野菜のみで作られた商品を選ぶようにしましょう。

栄養価を把握して野菜ジュースを有効活用!

野菜ジュースは野菜と同じようにカリウムや熱に強いビタミンが補給できる一方で、熱に弱いビタミンや不溶性食物繊維は生の野菜よりも少なくなってしまっています。

野菜ジュースを取り入れるのでれば、お食事と一緒に、あくまで補助として考えるのがおすすめ。飲みすぎに注意しながら、お好みの市販品を見つけたり、ご家庭で手作りをしたりと上手に取り入れてみてくださいね。
【参考文献】
(2019/10/10参照)
【文】管理栄養士:永吉峰子  【監修】管理栄養士:服部麗
▼野菜がたっぷり使えるレシピはこちら!
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

管理栄養士永吉みねこ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう